ヤビツ峠~大山~大山北尾根~地獄沢橋(70号線)

2017.05.22.20:38

大山から
何度か通っている裏ヤビツの道に出る北尾根
いつか歩いてみたいと思って居た
そして先日「気まぐれ喫茶」BBQ参加の途中で

地獄沢橋の何処に出てくるかを一応確認したつもりでいたのだが、、

ヤビツ峠から大山に向けて
今日は新しい靴
朝バス停に向かう時点で、道に吸い付くような感触
昨日履いて居た靴とは底の感じが違う

ヤビツ峠170522

ミツバツツジがちらほらと

ミツバツツジ170522ヤビツ~大山

多少霞んでいるような、、、お天気は良いのだが、、
うっすらと富士山も見えてはいるが、、

塔の岳方面170522

大山山頂の裏に回って、この道を進む
直ぐにシカ柵が有って脚立が柵をまたいでいるので
これを使って越えて登山道を行く

この道を行く大山山頂から170522

北尾根の紹介でよく出てくるモノレール

有ったモノレール170522

低い位置にちょろっと出ている葉っぱ
年を取った木が次世代にためにとのクローン的な物なのだそうだ

いわゆる本体のクローン的な芽170522

大きなブナの木があちらこちらに
美しい

ブナの木170522

モノレールー1-170522

モノレールー2ー170522


岩の剥きだしたところを注意深く

岩の大い道を進む=1-170522

岩の道ー2-17-522

痩せた尾根も有って


北尾根登山道-1-170522

鉄塔には記号が無かったが
後で地図と照らし合わせて、多分16号鉄塔

鉄塔多分16号170522

余りに幻想的な光と柔らかな木々と、、

幻想的な道170522

後半ひたすら下って林道が見えて来た
なかなか見えている林道に出会わない
(見えていた林道は多分地獄沢橋の所にゲートが設置されているピストン林道)

結局出て来たのは、、ここ
峠に向かって地獄沢橋の手前
こんな看板今ままで気が付いた事が無かったな~~

地獄沢橋の近くにこの看板が、、170522

地獄沢橋170522

北尾根は色路地図にないルートがある様だ(尾根筋がはっきりしていないような所も結構あって)

距離は短いが
とても素敵な大山北尾根ルートでした
ヤビツから大山に向けての気温と
涼しいとわかる北尾根の空気 いわゆる裏ヤビツの空気
山の中に入っている感覚
またの機会が有ったらぜひ歩いてみたい
それにぴったりの歩き心地の靴に満足
昨日は今日の事もあるので控えていたが昨日も履いて歩けばよかったと
満足の一日でした


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




スポンサーサイト

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

シャクナゲ一杯天城山

2017.05.21.22:32

21日
天城山 万次郎(1300m) 万三郎(1405m) シャクナゲコース
登山❓?と思って居たがやっぱり登山の感じの行程だった

天城山縦走路掲示板

終わってみれば縦走路を歩いてみたいと思うような登山だった

四辻 帰り此処に戻って jpg

ゴルフ場傍の登山口までは
オレンジ色の山つつじ(バス移動中に)

登山コースに入るとミツバツツジがちらほらと

三つ葉つつじ170521

三つ葉つつじ170521-2

思いがけずのおおらかな大きなシャクナゲを楽しんだ
もっと低い木を想像していたが
いっぱいのシャクナゲは何年もの年月を経て大きく育ったものだった
まさに伊豆の暖かな気候のシャクナゲであるような

シャクナゲー1-170521

シャクナゲー2-170521

シャクナゲ4-170521

シャクナゲ3-170521

天ぷらにして食べる事が出来るそうだ

天ぷらにして食せるそうだよ170521

白いシャクナゲも、、

白いシャクナゲ170521

登山道170521-1

帰りのバスの中から170521


帰りには、、、、
押しかけ2次会に真鶴から平塚まで
最大のイベントだったかな??
どうもでした

今日のカロリー消費行動
歩公約8km~10km(ツアーパンフレットには8kmと気されていたがもっと多かった)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

尊仏山荘~丹沢山~蛭ヶ岳~姫路~青根

2017.05.12.11:23


5月10日
9日の夜中から強い雨と風
天気予報通りだから、、それなりに用意はしていたが、、昼頃にはやむと言う事らしいが、、、
朝早く 雨は降っているが風邪もさほどなく、雨脚も強くはない
雨具を付けて歩き出す
ひたすらしばらくは下り
登って来るところにもマメザクラが沢山咲いていた(色合いとか、、何種類か有るのかな?)
まだつぼみを付けている木もあって、、
とても可愛らしい桜だ、下向きに咲いているんだな~~

マメザクラ170510-1

丹沢山について、、、

丹沢山170510

下ったり、少しの岩場も有って

バイケイソウが一杯
はびこっているぅ~~と思って居たが
どうも、10年ほど?まえに山の崩壊を防ぐ手段として根を張らせるために植えたらしい
毒性が有ってシカが食べないから
と言う事を聞いたら、はびこってるなんて言葉ではなくなってしまう
確かに葉っぱは大きく柔らかそうだし、植わっている方が見た目もいい感じではあったのだが、、
畑状態になっている処もたくさんあった(もっと下の方に)

バイケイソウ170510

霧雨が、、小枝の芽吹き始めた葉っぱに
花が付いているように、、
私の写真では表現できないが

木に着いたしずく170510

蛭が岳
昨年は、ど~~んと富士山が見えたが今回は何にも見えない

蛭が岳170510

マメザクラ、覗くように映してみたけれど、、

マメザクラ170510-2

登山道で、、蛙ちゃん隠れているつもり?

頭隠しての蛙ちゃん170510

姫次

姫次~袖平山へ170510

延々とモノレールの線が
これに沿って登山道がしばらく下って
しかしうまい具合に設置されている(勾配が半端じゃない所も)

モノレール170510

途中でモノレールをくぐって、お別れ
何処まで続いているのか、、、定かでない
離れて見える事は無かった
林道をしばらく歩いて、バスに乗り、

下山170510

前日のマメザクラ
今回の縦走は、期せずしてマメザクラの歓迎を受けたみたいに
あちらこちら、登山道の両脇にも、、という具合
咲いて居なければわからなかったね、、
,
マメザクラ170510-3

一日目が雨でなくって良かった
2日目の雨も、さほどでなく、やんだかな~と思ったら降って、、の繰り返し
下山時にはすっかり晴れて
後の風呂でさっぱり、大変楽しい登山でした

今日のカロリー消費行動
多分 約12~3km(案内に書いてあった)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ヤビツ峠下~二の塔~三の塔~塔の岳 尊仏山荘

2017.05.10.22:55

ヤビツ峠を少し下った菩提方面に行く道の横から登り始める
DSCN9183.jpg

色々なすみれが一杯色々な所に咲いている

DSCN9184.jpg

サクラソウも
DSCN9195.jpg

渋沢方面❓だと思う

DSCN9199.jpg

この可愛い花もいたるところに
ちょっとピンクの筋が入っているような

DSCN9202.jpg

鎖場を注意して降りたり
あの道を歩いていくのか~~

DSCN9196.jpg

塔の岳に到着
水場が来た道の反対側に往復30分ほどであるというので行ってみようとしたが
一人ではちょっと、、で断念

DSCN9204.jpg

この辺での水場って、、一寸行ってみたかったな
ユーシン方面、、かなり時間が掛かるとか
今は閉じられているユーシンロッジがあってこそ歩ける工程だとか
何だか前にユーシンに行った時聞いたような気がする、、、

DSCN9207.jpg

尊仏山荘泊
夜景を
真ん中の山は大山
大山北尾根って緩やかなんだな~~
尾根道がわかりずらいと、、と言う事らしい

DSCN9210.jpg

明日は、丹沢山~蛭が岳~姫次~青根 ちょっと中帳場です
今日のカロリー消費行動
約8km弱(ロガーを忘れた)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

湯坂道~浅間山~千条の滝(ちすじのたき)

2017.05.02.20:54

箱根湯本から湯坂道を歩いて

木の根の露出した緩やかな坂170502

実が赤くなっていた木もあったが、葉が薬草になるらしい

葉が薬草ななるらしい170502

登山道にに桜の葉っぱが散らばっていた
葉っぱだけをもいで散らばしたように
昨日の雨と突風がもたらしたものなのか??
散らばしたばかりというような

サクラの葉っぱが散らかっている170502

柔らかな若葉と日の光

新緑と日の光170502

花びらが変わっている
あんまり見かけない黄色の花びら170502

まだ咲いていたサクラ

DSCN9146.jpg

浅間山までの登山道わきには「草ぼけ」の花とすみれが一杯

くさぼけの花170502

今日の私の目的
千条の滝
ちすじノ滝って読むんだって
小ぶりななんとなく素朴な滝
水温が何となく生ぬるい??、滝ノ水の冷たさはない ?
箱根の温泉❓?的??(温かくはないよ!!)

滝の説明170502

千条の滝170502

所々に咲いていた百合の仲間らしい

百合の仲間らしい170502

最後のおまけで散策
蓬莱園のつつじ
まだちょっと早かった
満開になったらさぞ見応えあるだろうと

蓬莱園のつつじー1-170502

蓬莱園のつつじー2-170502

三つ葉つつじ170502

小涌谷から電車

今日のカロリー消費行動
湯本~小涌谷 約7.5km位(新緑と日の光を十分に堪能できた)
明日は久しぶりに自転車乗れるかな、、、

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

岩場練習の乾徳山

2017.04.27.21:14

26日
天気予報では午後から雨、風 乾徳山登山不適と予報
雨降るな!!と祈りつつ
大平牧場跡から登り始める

大平牧場跡170426

何度か林道を横切りショウトカット登山道
ハシリドコロの花が所々に咲いていて
此処でもシカに食べられずに残ってはびこっている
(花としては結構かわいいのだが、、)

乾徳山登山道道標170426

この辺まで林道何度か横切って170426

雲に隠れて乾徳山が見えてきて
たまには雲が流れて頂上が見えた時も

雲の向こうが乾徳山170426

最初の小手調べ的にこの岩を登る練習
後ろは降りやすくなっているのだ

岩場登りの基本練習の岩170426

気温はかなり低い
着こむ
この辺から少し進んで、、岩場らしい岩場が

岩場ー1-170426

岩場ー2-170426

さーーやってきました
写真にもよく出ている頂上直ぐの大岩
勿論 楽しんで登りましたよ
全身を使って、、と言ってもそうそう長い距離じゃーーないのだけれど
それにサックはこの岩の下に置いて、身軽になって鎖を使って、、
リックをしょって居たら、、きついし危ないだろうけれど、、
思ったより、身軽に登れました(自分では、、)

頂上直下の岩場170426

この岩からは見えない岩場を越えて
頂上
今日はほとんど視界が無い

乾徳山頂上2016m

巻き道で降りて大岩の下に出てきて
登ってきた道を下ります
途中雲が切れてきて視界が開けて
うっすら富士山の一部も見えて

下山途中で晴れてきて、170426

岩場講習修了
もう一度岩を登ってみたい
ガイドさんが居なければ、単独では登れない

予報に反して雨に合わず(途中で雨具はつけたが、結果寒さ対策として此れが良かったのだが)
岩場を経験する事が出来ました
日陰では凍って居た所も有って、そこを踏まない様にと注意して、

下山では視界が開けてきてご褒美貰ったようでした
ありがとうございました



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

曖昧なままで不老山 おまけの日影山

2017.04.23.22:17

スレイプニルさんの群馬行きプレリュードとしての登山練習に参加させていただいて

谷峨駅からバスで
丹沢湖に向かう道の途中にあるつり橋付近まで
橋を渡り

吊り橋から登山口に向かう170423

一応登山口の道標を
ここからがどう間違えたのか、、、

不老山登山口らしい170423

どう考えても登山道には見えない道をひたすら滑らない様に登って、、、
一寸考えたりしながら、、、
とりあえず、、、山頂めざしましょうと言う事で、、、

やっとこの看板を見つけて、、フムフム、、
不老山ではなく、、日影山と言う所に

日影山山頂らしい170423

「西丹沢登山詳細図」を持って行ったので分かったのだが、、

家に帰って来て本物の反省会(私だけで、地図とにらめっこで)
不老山登山口からの道標いくつかあったようだ
位置も乗っていたので
忠実にマメにチェックをすれば、間違う事は無かったのだろうが、、

かなりの急な所を登ったり
誰ーーにも合わずに、、おかしいね~~などと言ってみたり
でも熊さんみたいにがっちりしている方と一緒ですから
彼の「感」 を重視して

地図を見て
丹沢湖からの登山道とぶつかるであろう方向に

ここに出た
方向は間違っていなかったし此れで正解だったのだが
こっち側からはいけない様にロープが張ってあった

日影山から降りてきて不老山登山道に合流170423

番が平170423

暫く上って
やっと不老山山頂
此処で昼食

不老山山頂170423

不老山からの下山ではもう間違う事が無いと信じて、、、進むが、、

金時公園方面道を選んで170423

此処でまたまた違う方向に進んでしまう
途中から道はなくなり、、しかし、、簡易の階段などを見つけてしまい、、
下って
鉄塔まで、、
その先に道が無い

子の鉄塔でまた道を違えて、170423

仕方なしにこのまま下る訳にもいかず、、、
引き返した道の途中にあった木

引き返した道の途中にあった木170423

鉄塔まで戻って、進行方向左手の道を、、
此処も地図を見ていると鉄塔位置が示されていて
どんどん進まず地図で確認をしたのなら
間違う事は無かったかもしれない
が、、疑うような道ではなかったな
道標も無かった
後から地図を眺めたりしながらあの道は鉄塔への東電の道だなと
あの赤いペンキマークは、、????

林道を歩いたり、、登山道のような所を歩いたり
降りて来た所の道標には
今来た道の説明が、、目隠ししてあるゥーー
ひたすら広い林道を進ませたかったようだ

目隠ししてあった道から降りて居てきた170423
その後も何だかちょこっと進んで引き返して等をして、、
金時公園の横に出た
遊歩道となっていて、、
ここも登山口ではなかったようだ、、

もう246が見えてきた

246が見えてきた170423

駿河小山から電車
松田で反省会「ご苦労様でした、非常に面白かったで~~~す」
またの機会がありましたらよろしく

今日のカロリー消費行動
山道約15km
家~家 約30000歩強

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村





theme : 山登り
genre : 趣味・実用

西丹沢椿丸

2017.04.13.21:08

丹沢湖を渡って、、
世附(よずく)方面へのトンネルに左折
丹沢湖に沿って進んでゲートまで
整備された道で、、今度自転車でこっちの方を走ってみよう
グルーーッと出来るようだ
玄倉方面の方はグルーーッと走った事は有るが、、こっちの方は無い
前に丹沢湖に来た時に、どこかトンネルを越えて、、工事中で、、
途中まで走った事が有ったがあれは何処の事だったのか??

此処からゲート向こうに歩き始める

こっから歩き始める170413

少し歩いて登山口へ
ガイドサンがロープを張って道筋を作ってくださって登り始める

ガイドサンロープを張ってくださる170413


椿丸の椿170413

椿丸と言うのだから、、椿
三椏の群生があちらこちらに

三椏群生椿丸1704134

三椏拡大170413


椿丸登山道170413

椿丸頂上から三椏の群生が映えている

椿丸頂上から170413


椿丸902m1703413

塔の岳方面も見える

塔の岳方面170413

普通はピストンではなくそのまま進んで回って戻るコースを取るらしいが
今回は、多少距離が短くなることとどこか崩落箇所があるらしいとの事で
登って来た道を戻る

急な登りと急な下りのコラボ
登山道入り口まで戻って来て
世附川の向こうに三つ葉つつじ?

登山道ではすみれもちらほら
ヤマサクラ?マメ桜?も咲き始めて

登山道入り口付近からつつじ170413

ゲートからちょっとの所で2つに川が分かれている170413

山北の駅まで戻って来て
今まさに満開の桜を
まさに散り始める手前


山北駅桜1-170413

山北駅桜ー2170413

山北駅桜と電車170413

行程としてはさほど長くはなかったが、歩きごたえのある登山でした

三椏はもう少し時を過ぎていたが、美しく見る事が出来た

おまけの山北の桜
ドンピシャ今日しかないというほど見事な咲き具合
昨日の夜中の雨等で登山道はぐちゃぐちゃ??と思って居たが
湿った程度のその意味では非常に歩きやすい道でした
楽しい登山が出来ました
登山として約10km強

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

雪山となった大山三峰

2017.04.02.12:48

4月1日
木曜日に大山三峰山積雪30cmです
軽アイゼン(6本爪)をご用意くださいとの連絡
30cm??3㎝の効き間違えたか???と思って居たが、、、
煤ケ谷の矢太郎川の所から登り始める
ちょっと登り始めて、、こんな感じ

登り始めて、、170401

暫く上って(高度を上げていくと、、)
アイゼン装着
3㎝ではなく30cmだった
深い処では確かにその位の積雪
歩き方もかなりゆっくり、、が、、多分普通よりカロリー消費は多い、、と思うほど、、
足を上げて歩く、、、
「ズボっ」とはまってしまう

路が、、多分こっち170401

登山道がわからない所も出てきて、、
倒木をガイドさん2人でどけてくださって、、、進むも、、違ったみたい
登山道に戻って、、(雪の斜面を登って、、)

ガイドサン2人で倒木片付ける170401

もう完全に雪山登山

すっかり雪山170401

路がよくわからない所も出てくるのだが、、、
雪の斜面を慎重に進むも、、ズぼーーっと足が埋まったり
ずるずる滑ったり、、(ここらへんでちょっと足をひねって、、)
足跡の無い処を進む
たまに、これは多分ウサギの足跡、、きつねかな~~などと

路がよくわからないー1170401

ガイドさん
事故の無い様にとの神経を使いながら、、、雪山を楽しんじゃってる様子
丹沢で、「エビのしっぽ」を見る事が出来るなんて~~と
休憩時間には写真を写したりしちゃって

エビのしっぽー1-170401

これは完全に冬山だ!!

エビのしっぽー2-170401

三峰山山頂170401

鎖場もあり(鎖のはってある所はこんなにあったのか?ほんの2~3か所の記憶しかなかった)
「カラビナ」 「スリング」を使って安全に
使い方の講習も兼ねて、、
初めてのカラビナ、スリングを楽しんで(ちょっと面倒な感じがする所も有ったが
雪、雪でやっぱり使った方が安全確保

沢筋の不動尻方面へ下る道は2日前に偵察した所、危険性が多く、、
遠回りでも他のコース取りをしますと言う事になって、(危険な所は以前下った道の事らしい

不動尻折口方面170401

枝に着く雪170401

道しるべ170401

ガイドさん偵察に行くも、どうもこっちではない下り方の方が歩きやすい、、、と言う事で戻る
何と無く登山道と思われる所も有るが、、

ガイドさん道の偵察170401

木に付いた雪-1-170401

登山道はこっちらしい、、

こっちが登山道のようだ、、170401

足を踏ん張って下る(雪の中では歩き方も違うような、、)
むしろ、石ころの道より雪の道の方が(凍ってはいないので)
膝には、衝撃が少ない様な気がする

途中で、スリングを外し、軽アイゼンも外し、ヘルメットも脱いで、、、
高度も下がって気温も高くなって、、すっきり
暫くクジグザグに下って、、、
不動尻まで来ました
三俣が群生
ちょっと過ぎたかな??

不動尻三俣群生ー1-170401

沢の水がかなり多い

不動尻の堰堤水多い170401

三俣群生、不動尻170401

林道をしばらく歩いて、、トンネルを抜けて、、
急いで歩いて、、、
広沢寺のバス停まで、、、不動尻からも結構あるんだよね~~
皆さんは厚木までバス
丁度伊勢原行きのバスが先に着て、、
ご挨拶して私は一足先にバスに乗り込み、、、伊勢原まで私一人の乗客、、
わざわざ冬山には行く事が無いだろうに、、、
ちょっとした雪山を安全に経験させていただきました
楽しかった、、
この時期に、、、雪の登山を経験するなんて、、、
(くるぶし下の所を湿布してますーー)
面白かったよ!!

今日のカロリー消費行動
煤ケ谷~広沢寺 約16km
参加者 11人  ガイドさん2人 添乗員(山慣れしてがっちりした人だったな~~)1人
ありがとうございました


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

秩父 長岩峠~伊豆ヶ岳~武川岳~妻坂峠~一の鳥居

2017.03.25.23:00

秩父地方に電車で行くのは初めてかな??(記憶では、、)
伊豆ヶ岳に登ろうというよりは秩父方面と言う事で
昨日はもう暗かったので立ち寄る事が出来なかったので、、
秩父駅から西武秩父駅への道で、夜祭で有名な秩父神社に立ち寄って

左甚五郎作彫刻を鑑賞

秩父神社170325-4

秩父神社170325左甚五郎作ー1

秩父神社170325ー2

秩父神社170325-3

さて~~ここから(名栗元気プラザ)山を登り始めます
プラネタリュウムなんてあって、、

名栗元気プラザ170325

DSCN8860.jpg

DSCN8862.jpg

ゆっくり気持ちよく歩いて
伊豆が岳山頂

DSCN8863.jpg

杉林の中で、大きなブナの木

DSCN8866.jpg

作りかけの道、林道にしては広すぎるし、、(2車線分)

DSCN8867.jpg

武川岳

DSCN8869.jpg

妻坂峠 武川岳から此処までが結構急な坂
雨だったら大変だったろうと思うが今日は乾いているので、、もんだいな~~い

DSCN8873.jpg

DSCN8876.jpg

一の鳥居まで降りてきて
「狛犬」 ではなく 「おおかみ」

一の鳥居170325

駅に行くまでの道
秩父 石灰岩関連の工場が多数

DSCN8879.jpg

武甲山
何処まで削られるのだろうか??

DSCN8889.jpg


朝なんだか駅前が騒がしかった
秩父銘仙の着物を着たお嬢さんがたすきを掛けてたって居たり、、、
太鼓をたたいて居たり、、
帰り際に電車の時間まで おまけでちょっと覗いて
今日は秩父の何かのお祭りの日だそうで
火祭りに出る 「山車」に花飾り 花飾りを付けるのは10年ぶりぐらいだとか

DSCN8885.jpg

昨日の夜の寒かった事
今朝も同様武甲山の上は雪が、、遠くの山々も
登り始めるころには気温も上がって
寒さを感じる事無くお天気も良く気持ちの良い登山でした
登山だけでなく秩父地方の雰囲気も、、楽しかった


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

夢いっぱい少しずつね

Author:夢いっぱい少しずつね
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
時計
おかげさまで
ブロとも一覧

サイクリングどうでしょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR