至れり尽くせりの竜ヶ岳登山

2018.02.18.20:07

18日の竜ヶ岳登山のお誘いをいただいて
「原」集合7時42分と言う事で 

17日
沼津深海水族館に行ってみよう
「シーラカンス」が展示されている事で何かの機会に行ってみようと思って居た
シーラカンスは、、子供の頃からの何だかわからないけれど憧れ

シーラカンス180217

深海魚も面白かったけれど
ヒトデの仲間かサンゴの仲間かわからない面白い見入ってしまうような生き物
名前が書いていない(此れは魚じゃないからなのか????)

ヒトデの仲間?180217

名前が面白い 「テズルモズル」

てずるもずる深海水族館180217
や~~風の強いの何のって!!風に向かって前かが身で

18日
原駅 富士山ばっちり見えてます
夢津軽さんに拾っていただきました
ありがとうございました,「原」での集合は私だけに

集合場所原駅から170218

本栖湖の駐車場から登山開始
アイゼンを付けて
登山道は凍っていてがちがち
眺めは最高

登山道から西湖180218

登りだったり緩やかな道になったり
富士山を眺めたり
西湖方面を眺めたり
何度も足を止めて景色を楽しみ頂上へ

竜ヶ岳山頂からの富士山

竜ヶ岳山頂から富士山180218

南アルプス方面

南アルプス方面180218

八ヶ岳方面

竜ヶ岳山頂から八ヶ岳方面180218

山頂で昼食 しばし景色を堪能、、

途中から登ってきた道から外れ本栖湖を眺めながら下山
富士山も木の間から楽しめる道

下山途中本栖湖180218

本栖湖 
湖面も穏やか、日差しも暖か

本栖湖180218

帰りは、ラルゴさんが車でいらっしゃったので、
期せずして我が家の前まで載せていただきました
帰宅道中の行程も素敵な景色を堪能
ありがとうございました
登山+ドライブ 楽しませていただきました

はじめましての皆様 今後もよろしくです

M さんの
チャリポタ日記
夢津軽さん
一期一会

はなかみさん
北極星



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 登山
genre : 趣味・実用

浄発願寺奥の院~梅ノ木尾根~日向山~見城山~七沢 読図登山

2018.02.10.21:06

日向薬師~大山に抜ける林道
16%ちょっと先に浄発願寺奥の院方面に行く道が有って、
自転車の時に、途中までちょっと進んだ事が有った
当然人気は無い
先日ラルゴさんから、大山から降りる道で、
日向薬師に降りる道として林道を歩く事無く「梅ノ木尾根」を通って
と教えていただいたが、、、地図を見ながら、到底自分一人では無理と思って居た
両方を確認する事が出来るツアーに出会った
で、参加

此処から川を渡って、浄発願寺奥の院に進む
林道は雪、、

日向ふれあいセンターへの道180210

奥の院に進む階段の下
アイゼンを付ける必要もなく

浄発願寺奥の院への道180210

浄発願寺奥の院 跡

奥の院説明180210

浄発願寺奥の院跡地180210

さらに進んで
奥の院岩屋
此処でアイゼン装着

奥の院の岩屋180210

途中でアイゼンを脱着
梅ノ木尾根  
大山方面への登りの道標無
この雪の所を登って行くらしいが今日の行程は此処から下る

梅ノ木尾根大山方面180210

梅ノ木尾根日向薬師方面180210

天神峠
日向薬師方面への道
日向山にはここから階段を少しンぼって、、

天神峠日向薬師方面への道180210

日向山山頂
薄っすらと江の島方面も見えて

日向山山頂180210

広沢寺、七沢方面に下る
途中分岐見城山方面に

見城山180210

見城山からは採石場方面とか厚木方面とか

見城山から採石場方面180210

七沢方面に
七沢のどの辺に降りるのだろうとキョロキョロしながら進んで
途中に
ロープにつかまって下れるような施設が新しく出来ていると聞いて、、
在りました
こんな近くにあるのであれば、、一度来てみようかな、、

七沢のなんだっけロープにツル下がって180210

で、、こんな所に出ました

七沢から日向薬師への道の途中ここに出た180210
七沢から日向薬師に登っていく道の途中
見過ごしていたな~~
というより、見城山って結構マイナーー??
でも途中に山桜の大きな木が何本も有ってその季節には見事だろうと

見過ごしそうな、180210

距離的にはさほど歩いてはいないが、
マイナーな道での「読図」しながらの登山を楽しませていただいた

今日のカロリー消費行動
約7km強(登山として)
歩数  約15500歩   (家から家)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


theme : 登山
genre : 趣味・実用

女坂~下社~大山山頂~見晴台~日向薬師バス停

2018.01.04.17:45

いいお天気
大山に行こう
どうにか行ける時間だ、、
真っ青な空に大山が見えている
伊勢原10時?のバスで、乗客いっぱい
バスを降りて、ケーブルの乗り場までお店の中を登っていく
今日は女坂で登ろうと
何だか落ちずにモミジがくっ付いてる木が何本か

落ち切ってい無いモミジ180104

ゆっくり上って、大山寺

大山寺180104

女坂と言っても結構、階段が有ったりで、、
体幹を崩さない様にまっすぐの姿勢でと心がけてゆっくりと
下社
並んで、、去年楽しく過ごせたことのお礼を

下社180104

登山口から登ります

大山登山口180104

何だかやけにゆっくりペース
今回は此処からストックを使って
やっと富士山が見える所に、、こんなに長かったかな??

登山道途中で富士見場所180104

ヤビツ峠への分岐
ここまで来たらもう直ぐだ

ヤビツへの分岐180104

左の道を選びます
こっちの方がほとんど登山者は進まない

左に進む180104

山頂裏、電波塔、、ここも増えちゃったな

山頂の電波塔180104

今日は遠くまで見える
宮ケ瀬湖

宮ケ瀬湖が見える180104

南アルプスまで見えた、、初めてだ

南アルプスが見えた180104

大山山頂からの景観の図180104

遠くまで見えるのに、、頭上に雲が
此処でカロリー補給
温かい飲み物も

頭の上に黒い雲180104

一応山頂の写真
大山山頂180104

見晴台方面に降ります
江の島方面、、じゃなく、、大島方面か??
江の島はごくごく近くに見えるぐらいはっきり見えていた

江の島方面180104

真鶴方面
だが日差しがなくなって来て寒い
手がかじかむほど
暖かな手袋をしても指先が冷たい

真鶴半島方面180104

途中からだんだん気温も高くなってきたのか
カロリー補給した効果か??
見晴台付近ではもうあまり寒さを感じない
が、、前回は、、ここで2時だったような
2時半
日向薬師方面に降りる事を少し躊躇したが
日向薬師からのバスって、、3時半?45分?、、

見晴台180104

自分的にはペースを上げて、、
此処からも結構歩くんだよね、、
もう直ぐ登山口180104

林道をバスの時間45分だったらいいな~~と思いながら速足で

3重の塔180104

日陰道の出口
以前此処を自転車引っ張って歩いたんだっけ、、
バス停の向こうに出るし、、バスに乗り遅れると、、
と言うので急ぐ

日陰道180104

ぎりぎりでバスの乗り込む、、(30分だったら完全に無理と思いつつ、急いでよかった)
前回と登り始めたのは多分同じぐらいの時間
今回は、女坂で男坂より時間が掛かって、、下社に居た時間と、、
登山自体のペースもゆっくりだったような、、
でも同じ時間のバスに乗る事が出来たし、、
体幹のずれがないように気を付けて降りたせいか、
膝、股関節の不具合も感じる事無く歩く事が出来た
今年も登山、自転車と楽しめることが出来るといいな、、


今日のカロリー消費行動
約12km弱(バス停からバス停)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


theme : 山登り
genre : 趣味・実用

陣馬山~景信山~小仏バス停

2017.12.25.19:25


24日、、(ちょっとこの日に登山なんてちょこっと、、私は良いのよ!!)
ラルゴさん、スレイプニルさんと
陣馬山登山口~陣馬山~景信山~小仏バス停
山登りしてきました
ラルゴさんの事前の予定表から迷惑掛ける事無く歩けるかな??
と懸念していたが始終ぺースを合わせていただき
自分的には快調に歩く事が出来て非常に満足の登山でした

まずは藤野駅集合バスで陣馬山登山口まで
(時間的な事を考慮しなければ藤野から歩くのもあり)

陣馬山登山口171224

比較的なだらかで歩きやすい登山道をおしゃべりしながら進みます
なんだかいい感じの落葉道です

陣馬山への登山道171224

そうこうしているうちに山頂直下のちょい長い階段を上って陣馬山山頂に到着

陣馬山山頂171224

スレイプニルさん、此のモニュメントが目的

陣馬山171224モニュメント

此処でお昼にしようかとも思ったが先に進んでと言う事で、、
相模湖に降りる分岐の所でお昼
適度な休息、カロリー補給をして景信山に進む

景信山までに幾つかの巻き道
最初の巻き道の所だけ巻き道ではなく、登って下って
此のところが一番巻いた方が良かったよっていう所だったがそれはそれで、、
一応登山に来たのだから、、(な~~ってね)

景信山171224

中央縦貫道が見える
ものスゴ~~く便利にはなったのだが、、
大体、、高尾山の下を通っているんだよ!!
一寸風情が無い、、と言っていいのか悪いのか、、

景信山から171224
高尾山方面

景信山から高尾山方面171224

相模湖方面

相模湖方面171224
八王子で喉を潤し
町田でラルゴさんスレイプニルさんとお別れ
小田急
サンタさんに遭遇
サンタさんも伊勢原で下車
此れからどこかに贈り物を配りに、、、
病院?何処かの施設??喜ばれると思うよ、、

電車の中でサンタさんに遭遇171224

懸念していた天気も午後からは青空まで見えて来て、、
予想よりはるかにあたたかく歩きやすい一日でした

誘っていただきしかも常に時間配分を合わせてくださって、
楽しい一日有難うございました
機会がありましたらまたお誘いください
ラルゴさん、スレイプニルさんありがとうございました
スレイプニルさんのブログ
ぽっくりぽっくり駆ける
今日のカロリー消費行動
約12km位



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

リベンジ明神ヶ岳~明星が岳

2017.12.08.21:37

昨年、9月まだ暑く、しかも雨の日のレインウエアーとハイドレーションの匂い、
汗だらだら、

明神ヶ岳~明星が岳~塔の峰、、の登山で
熱中症になり(あれが熱中症だったと後で認識)明神ヶ岳だけで宮城野に降りて帰って来た
今回ツアーを見つけて、
リベンジ

大雄山駅集合
クリスマスウエアーの金太郎ちゃん

大雄山駅の金太郎ちゃん171208

バスに乗って、最乗寺の道了尊まで

明神ヶ岳への登山口方面

道了尊 登山口方面171208

登山道らしい登山道を登っていく

途中から霜柱が、、上に行くにしたがって長くなって

霜柱が登っていくにつれて長くなって171208

道の両脇はススキ
多分前回はこの辺から足がもつれる感じになったんだったかな~~

ススキの中を進んで171208

頂上付近はドロドロで滑らないように注意して

明神ヶ岳頂上
風が強く寒く、、そこそこで明星が岳への道に進む

明神ヶ岳山頂

頂上から金時山方面

明星が岳山頂から金時山方面171208

前回は此処から宮城野に降りた
今日は、ここでちょっと長い休息、カロリー補給
明星ヶ岳へ向かう

前回此処から宮城野に降りる171208

明神ヶ岳まではほぼ登り
明神から明星ヶ岳までは
何度かアップダウンが有って、、

明星が岳に進む道171208

ほんのりとした黄緑に見えた丈の長い笹の中を進んだり

丈の長い笹の道を進む171208

宮城野に降りる道をちょっと通り越して
真弓の木と言うらしい
小さなピンクの実、この時期とても可愛らしい

真弓の木171208

何だかよくわからない
明星が岳山頂
今日の感じだったら多分この先に進んで縦走できるような、、
但し日の長い時期でなければ無理だな

明星が岳山頂171208

一寸戻って下山
大文字焼の所に出て

大文字焼の所から強羅方面171208

大文字焼の171208

鉄塔が見えて、、そこに続く作業道
ロープが張ってありました
ガイドさんに聞いた所、、、作業道は険しい急降下の道らしい

この道ではなく、、作業道171208

あの鉄塔に行くための171208

乾いた落ち葉の道を下る
明星が岳登山口に出てきた
結構急な下りだった、

ここに出て来た、登山口171208

宮城野付近ではまだ紅葉が残っていて
楽しませてもらいました

宮城野付近の紅葉ー2-171208

宮城野付近の紅葉171208

橋を渡って、、強羅までの近道
これが結構長い階段の道
あとちょっとで強羅駅と言う所でポツンポツンと雨

天気予報では午後から雨、、
良くここまで持ってくれました 

強羅~湯本~小田原~伊勢原 電車で帰って来た
伊勢原からも雨に降られず帰宅

満足の登山でした
そこそこの健康に感謝です

今日のカロリー消費行動
道了尊~強羅駅 約13km強(ロガー)
家から家まで 24614歩



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ポコッと見えてる矢倉岳登山

2017.12.03.22:10

急遽決まった矢倉岳登山
矢倉岳はポコッっと見えていて、登山を始めたからには、、
自転車で山北方面に行くと見えていて、、登らねば、、
って思ってた

スレイプニルさんとまたもや珍道中登山

まずは新松田で合流バスに乗って矢倉沢
今から登る山が見えてます
この辺のざる菊は見頃を過ぎてましたが、
ここぞとばかり咲いているざる菊もありました

矢倉岳171203

矢倉岳に向かって171203

まだまだ見頃な紅葉を楽しみつつ山頂に向かって進みます

今年最後の紅葉かな171203

12月初めではあるが、汗をかくほどの穏やかな気温
お天気も良く風はなく

汗をかきながら、、山頂に着いた
山頂からの富士山

矢倉岳山頂からの富士山171203

このまま地蔵堂に向かってはちょっと時間が余り過ぎ、それに歩き不足
と言う事で足柄万葉公園まで行って下山しようと言う事に

途中で見た富士山
雲一つない良いお天気です

矢倉岳から下山途中に見えた富士山171203

万葉公園方面と言う道しるべが無い、足柄峠、地蔵堂「、とある道標

で、、スレイプニルさん、、自信たっぷりこっちだという
方向違ううじゃね??と思いつつ、まだお昼前だし一寸行ってみたい気も有って
彼の後に続く
それがなりマニアックな、、良い登山道だったんだな~~
途中で、此れは違う方向だろうと言う事で、、
引き返す
約10数分進んだだけだったし、お昼前
鳥なんとか山を越えて20世紀の森、洒水の滝に抜ける道らしかったが、、
引き返した、、
そのまま進んでもいいような気もしたが、、
今日の行程の想定内ではなかったので、

全く今回もまた珍道中だな、、結構楽しんじゃってるんだけれど、、、

またしても目的地方面とは違って171203

正規のルートに戻って、万葉公園
足柄峠に自転車で登って来た時あるのは知っていたが、寄った事は無かった
おおーーあの道を走って登ったんだ、、いや~~引っ張ってっという所かな

万葉公園から171203

足柄古道が有るはずと
見つける事が出来ないままに
足柄峠
例の峠の所の階段を上って、ドーーんと富士山

足柄峠から富士山171203

万葉公園に向かう171203

躊躇しながら、、舗装路を下り始めて、、
見つけた
足柄古道

足柄古道見つけた171203

古の人は此処を通ったのか、、

足柄古道ー1ー171203

足柄古道171203-2

足柄古道171203-2

何度か舗装路をちょっと進んで古道に戻ってを繰り返し

もう直ぐ地蔵堂と言う所で、、
此の見事な紅葉

地蔵堂まじかで黄葉b171203

地蔵堂からバスで新松田まで、、の待ち時間、、夕日の滝まで行く時間もないし、、
陽だまりで、、それなりの余裕ある気分を味わうのがいいんじゃね~~と
山に登る時間と自転車に乗ってる時間と、、
言いようのない解放感ですね~~~


じぞうどうb171203

新松田で今日の反省会
お誘いくださいまして
あざっす
今期 最後の紅葉だったかな

ご一緒くださったスレイプニルさんのブログ
ぽっくりぽっくり駆ける


今日のカロリー消費行動
家から家まで  22695歩 
登山道として  約11km


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

西丹沢自然教室~ツツジ新道~檜洞丸

2017.11.17.14:00


16日
西丹沢自然教室からゴーラ沢出会~ツツジ新道を登り、檜洞丸
往路下山

西丹沢自然教室の周りのモミジ
お天気も良く登山には最高とこの時点では、、、

西丹沢自然教室171116

ゴーラ沢出会い付近の木々
以前来た時よりも水量は少なく難なく渡渉一か所

西丹沢黄葉171116

ゴーラ沢出会い171116

ツツジ新道を登る、
前回は(道志側)神の川ヒュッテ~犬越の分岐から此処に降りて来た
此処から本格的な登山道らしく

ツツジ新道のぼり171116

富士山が少し見えてます

富士山少し見えてます171116

もう少しで山頂
だんだん雲が広がって来て青空は見えなくなってきた

もう少しで頂上171116

檜洞丸山頂

檜洞丸頂上171116

もう少しで頂上と言うあたりから「あられ」らしきものが、、

曇って来て、、171116

「あられ」がザックの上に
寒く手の先が冷たく、、
上着に関しては詰め込んではいたが、、
冬用の手袋はちょっと見当たらなく薄い手袋だけ(整理下手)

あられが降って来た171116

下山で歩き始め少し立てば手も暖かくなってきて、、やれやれ
途中雲の隙間から幻想的に
丹沢湖、光の筋が  写真ではあまりよく映っていないが、、
頭の中に映像が入ってます

雲の隙間から光171116

登山道を修復してくださっている方々
登山道を修復していただいているおかげで安全に登山を楽しむことが可能なんです
ありがとうございます

登山道を修復してくださってます171116

丹沢の崩壊場所は多く
通行不能となっている登山道も多いとか

丹沢の沢の崩壊171116

ゴーラ沢で会いに
4時15分頃
此処からまだ自然教室に続く舗装された林道までは結構距離が有ります

4時14分暗くなりかけて171116

途中からヘッドランプ点灯
視力の弱い私にとってはかなりの神経を使って
最後の谷合を歩き
舗装林道に出て、
自然教室に着いた
日曜日の自転車も良し、今日の山歩きも良しの紅葉を楽しむ事が出来た
かなりきつく感じるかと懸念もしたが、
歩行速度がゆっくりだったためか、さほどの事も無く登山が出来たことに満足
今の健康に感謝です


今日のカロリー消費行動
家から家まで 21873歩
登山で歩いた距離 約12km強(ロガー)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


theme : 山登り
genre : 趣味・実用

地図読み両神山一寸だけ、

2017.10.29.23:30

集合場所
西武秩父駅
一応、ここで地図とコンパスとの扱い方の確認
雨の中なので、頂上までは行くことをここで断念
まずは行ける所までと言う事で
白井差登山口まで車
此処までに来る途中に滝のようになっている処が数か所

白井差登山口171029

この道を少し進むと、小さな橋が有ってそこから登山道に

白井差登山口-1-171029

此処も滝の様になってます

途中で滝のように171029

水量の多い沢が美しく、水の音も激しい

水量が多く沢が美しい171029

緩い登りの山道を進むと、滝が見えてきて
昇竜の滝

昇竜の滝171029


山の様子ー1ー171029

台風が来ているらしいが、さほど雨は降っていない

山の様子ー2

沢を何度もわたります
登山道は整備されていて
橋が組まれていてそこを渡ります

美しい 何と雰囲気の良い空間だろう

美しい沢 イワナが見えたり171029

徐々に雨脚が強くなってきて
この辺で少し迷いながら、、
急登の始まる前で、、(水晶坂ちょこっと進んで)
引き返すことに

この辺から急登が始まる171029

硬い岩盤も美しい

硬い岩肌171029

往路の途中まで
山中さんがお出迎えしてくださって
この登山道は山中さんの私有地、大きな広い庭です
所々にロープが掛かって置いて有ったり
雨の中車を待つ間色々説明をしてくださった所によると
ペットボトル、傘まで所々に置いて有るそうな
帰り道道に
沢の中で泳ぐイワナを教えてくださったり
山に石と鉄の何かとで火打ちをして

沢の様子171029

モミジとか、、三つ葉葵 とか
わざわざ手折ったり、つまんで教えていただいたり

モミジ 三つ葉葵171029

登山をしたというほど歩いてはいないが、、
山の雰囲気を十分に楽しんだ数時間でした

雨宿り 
山中さんどうもありがとうございました
是非 ぜひ 晴れた日に両神山登山の出来る日に巡り合えることを願いつつ
戻って来た


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

小屋平~石丸峠~牛の寝通り~モロクボ平~小菅の湯

2017.10.15.14:57

13日
家を出る時には雨
天気予報も雨
せっかくだから行って、、集合場所まで行ってそこで考えようと

駅に着くと、、小雨
宿まで歩きましょう

DSCN0202.jpg

駒飼宿
名残りが有るかと言えばない事も無い、、

DSCN0205.jpg

宿に荷物を置いて、、暗くなる間の少しの時間付近散策
此処を進めば、、笹子峠

DSCN0210.jpg

芭蕉の句

DSCN0208.jpg

次の日にはここを下って(近道だった)
駅に向かう

DSCN0204.jpg

14日
集合場所へ
雨が少し降っているかいないかと言う位
とりあえずレインウエアーは上着だけ
スパッツを付けて、ザックカバーを付けて
小屋平(1580m)まで車で、
すでに高度が有る所なので、紅葉が始まっている
此処から歩き始める

此処から歩きだす171014

初め少し登って、、

黄葉が始まってます171014

分岐点石丸峠方面に171014

落ち葉を踏んで

落ち葉を踏んで171014

笹の道を進んで

牛の寝通り方面に171014

何だかおしゃれな山の道
歩きやすい急登も無ければ急降もない尾根道を
ひたすら進みます
お天気が良ければ絶景と言う所でも何も見えず
ただ雨が降っていないのが救い
幻想的な山道を楽しむ

何と無くおしゃれな山道を171014

分岐松姫峠へ171014

此処で昼食
霧が晴れて、、山の姿が現れたり、、

此処で昼食171014

直ぐに霧で姿が隠れてしまったり
雁ヶ腹摺り山だと言う事だが、、
どの雁ヶ腹なんだろうか??
雁ヶ腹摺り山と名が付く山は3つだとか、、

雁ヶ腹摺り山方面171014

ユル~~イ下りの道を

時折霧が晴れて171014

林?森?の中を

木も休まるような林の中171014

気持ちの良い林が続く171014

桂の葉が沢山落ちていて、、メープルシロップみたいな香り

桂の葉甘い香りがする171014

大きなキノコ約直径30cm位
開く前の形は、、女性のおっぱいのような、、とか、、恥ずかしそうにガイドさん
お若い方のね??お年を召しておられる方のは、、
なんて野暮な事は言い返しませんでしたが
他にも色々なキノコに出会って

大きなキノコ17101430cm位171014

この橋を渡って

橋を通ってもうすぐ小菅の湯171014

ちょっと進んで「小菅の湯」到着
お風呂に入っている時間は有りません
4時半のバスに乗って1時間少しで上野原まで

今日のカロリー消費行動
約16km(ロガーで)歩き



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

男坂~大山下社~大山山頂~見晴台~女坂

2017.09.24.18:00

明神~明星登山へ行こうかとも思っていたが、、
と思いツアーを探したら12月になってしまうが見つかって
それでは今日は、、近場で大山に
大山方面を見ると頂上付近には雲
雨は降らないだろうと、、
大山ケーブル駅までバス

ケーブル駅への道で170924

男坂で登り始めます
少し登り始めて、、汗だらだら、、結構湿度が有る様で、、

女坂男坂分岐170924

さほど時間もかからず下社まで
(登りはまだいいけれど、、ここを下るとなると、、確実にひざに、、)

大山神社下社170924-2

大山神社下社170924-1

普通のルートで階段をのぼり始めて、、
ゆっくりゆっくりと
汗がつたって、、登る速度で疲れ方がかなり違う
両脇に咲いていた柔らかな葉で小さな白い花

今日沢山して居た花170924

家を出る時にはヤビツ方面に下って、
蓑毛までは登山道でと思って居たが、、霧で視界は悪い
どっちに降りるか、、山頂に行ってから考えよう

ヤビツ方面への分岐170924

電波塔の裏手に回る道を進む
もう赤い実を付けているマムシグサ
これを見た時には余りの毒々しさに気持ち悪く感じたが
花の時期も見て、、
さほど感じなくなったよ

蝮草170924

人込みを避けて電波塔の裏手で食糧補給
こっちはさほど人込みでもなく

山頂電波塔霧が流れてきて170924

一応山頂に
結構な人、人、人、、

見晴らし台の方へ170924

ヤビツ方面に降りても、見晴台方面に行っても距離はそうそう違わないし、、
日向薬師方面に降りるとしても、、バスの便が、、悪かったな~~
と言う事で
下社に降りて女坂で帰る事に

不動尻方面への分岐170924

終わりに近い黄色の花、、何なんだろう近くには行けなかった
 
途中で出会った花170924

見晴台今日は下社に向かう170924

見晴らし台からは非常に整備された道で
途中で小さなシカに出会って、、(柵の向こう)

滝170924

下社の下をまわって女坂で下ります

下りは女坂170924

大山寺
御開帳の日とかで、、迷ったが
靴を脱ぐのが面倒で、、お参りして、覗いて 降りて来た

大山寺御開帳ん日だそうです170924

さほど待つ事も無く、、伊勢原へのバスに
歩き方が悪かったか下りで膝周辺部分に違和感

山歩きもう少し鍛錬!!
申し込んでいた登山ツアー 催行中止が多くって
大山登山近場だし少し通おうかな、、

今日のカロリー消費行動
約10km  (バス降りてからバスに乗るまで)
歩数計 19634歩(家から家)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
プロフィール

夢いっぱい少しずつね

Author:夢いっぱい少しずつね
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
時計
おかげさまで
ブロとも一覧

サイクリングどうでしょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR