小屋平~石丸峠~牛の寝通り~モロクボ平~小菅の湯

2017.10.15.14:57

13日
家を出る時には雨
天気予報も雨
せっかくだから行って、、集合場所まで行ってそこで考えようと

駅に着くと、、小雨
宿まで歩きましょう

DSCN0202.jpg

駒飼宿
名残りが有るかと言えばない事も無い、、

DSCN0205.jpg

宿に荷物を置いて、、暗くなる間の少しの時間付近散策
此処を進めば、、笹子峠

DSCN0210.jpg

芭蕉の句

DSCN0208.jpg

次の日にはここを下って(近道だった)
駅に向かう

DSCN0204.jpg

14日
集合場所へ
雨が少し降っているかいないかと言う位
とりあえずレインウエアーは上着だけ
スパッツを付けて、ザックカバーを付けて
小屋平(1580m)まで車で、
すでに高度が有る所なので、紅葉が始まっている
此処から歩き始める

此処から歩きだす171014

初め少し登って、、

黄葉が始まってます171014

分岐点石丸峠方面に171014

落ち葉を踏んで

落ち葉を踏んで171014

笹の道を進んで

牛の寝通り方面に171014

何だかおしゃれな山の道
歩きやすい急登も無ければ急降もない尾根道を
ひたすら進みます
お天気が良ければ絶景と言う所でも何も見えず
ただ雨が降っていないのが救い
幻想的な山道を楽しむ

何と無くおしゃれな山道を171014

分岐松姫峠へ171014

此処で昼食
霧が晴れて、、山の姿が現れたり、、

此処で昼食171014

直ぐに霧で姿が隠れてしまったり
雁ヶ腹摺り山だと言う事だが、、
どの雁ヶ腹なんだろうか??
雁ヶ腹摺り山と名が付く山は3つだとか、、

雁ヶ腹摺り山方面171014

ユル~~イ下りの道を

時折霧が晴れて171014

林?森?の中を

木も休まるような林の中171014

気持ちの良い林が続く171014

桂の葉が沢山落ちていて、、メープルシロップみたいな香り

桂の葉甘い香りがする171014

大きなキノコ約直径30cm位
開く前の形は、、女性のおっぱいのような、、とか、、恥ずかしそうにガイドさん
お若い方のね??お年を召しておられる方のは、、
なんて野暮な事は言い返しませんでしたが
他にも色々なキノコに出会って

大きなキノコ17101430cm位171014

この橋を渡って

橋を通ってもうすぐ小菅の湯171014

ちょっと進んで「小菅の湯」到着
お風呂に入っている時間は有りません
4時半のバスに乗って1時間少しで上野原まで

今日のカロリー消費行動
約16km(ロガーで)歩き



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



スポンサーサイト

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

男坂~大山下社~大山山頂~見晴台~女坂

2017.09.24.18:00

明神~明星登山へ行こうかとも思っていたが、、
と思いツアーを探したら12月になってしまうが見つかって
それでは今日は、、近場で大山に
大山方面を見ると頂上付近には雲
雨は降らないだろうと、、
大山ケーブル駅までバス

ケーブル駅への道で170924

男坂で登り始めます
少し登り始めて、、汗だらだら、、結構湿度が有る様で、、

女坂男坂分岐170924

さほど時間もかからず下社まで
(登りはまだいいけれど、、ここを下るとなると、、確実にひざに、、)

大山神社下社170924-2

大山神社下社170924-1

普通のルートで階段をのぼり始めて、、
ゆっくりゆっくりと
汗がつたって、、登る速度で疲れ方がかなり違う
両脇に咲いていた柔らかな葉で小さな白い花

今日沢山して居た花170924

家を出る時にはヤビツ方面に下って、
蓑毛までは登山道でと思って居たが、、霧で視界は悪い
どっちに降りるか、、山頂に行ってから考えよう

ヤビツ方面への分岐170924

電波塔の裏手に回る道を進む
もう赤い実を付けているマムシグサ
これを見た時には余りの毒々しさに気持ち悪く感じたが
花の時期も見て、、
さほど感じなくなったよ

蝮草170924

人込みを避けて電波塔の裏手で食糧補給
こっちはさほど人込みでもなく

山頂電波塔霧が流れてきて170924

一応山頂に
結構な人、人、人、、

見晴らし台の方へ170924

ヤビツ方面に降りても、見晴台方面に行っても距離はそうそう違わないし、、
日向薬師方面に降りるとしても、、バスの便が、、悪かったな~~
と言う事で
下社に降りて女坂で帰る事に

不動尻方面への分岐170924

終わりに近い黄色の花、、何なんだろう近くには行けなかった
 
途中で出会った花170924

見晴台今日は下社に向かう170924

見晴らし台からは非常に整備された道で
途中で小さなシカに出会って、、(柵の向こう)

滝170924

下社の下をまわって女坂で下ります

下りは女坂170924

大山寺
御開帳の日とかで、、迷ったが
靴を脱ぐのが面倒で、、お参りして、覗いて 降りて来た

大山寺御開帳ん日だそうです170924

さほど待つ事も無く、、伊勢原へのバスに
歩き方が悪かったか下りで膝周辺部分に違和感

山歩きもう少し鍛錬!!
申し込んでいた登山ツアー 催行中止が多くって
大山登山近場だし少し通おうかな、、

今日のカロリー消費行動
約10km  (バス降りてからバスに乗るまで)
歩数計 19634歩(家から家)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

飯盛山~平沢登山口~JR最高地点

2017.09.08.18:00

7日
飯盛山登山口に向かう
過ぎに登山口がありその先に
飯盛山2.5km の標識
登山と言う部類に入るかどうか、、、

登山口に向かって170907

飯盛山登山コース案内図170907

霧の林の中を進む 湿度はかなり高い
ツリフネソウや、色々な花に出会う
かなりゆっくりな歩きの為、まわりの様子を堪能

霧の林の中を進む170907

整備された道を進み山頂に
レインウエアーの上だけを着用
視界無  景色は清里が見えたり、山々が見えたりだそうだ

飯盛山山頂170907

下りの道は登山道らしくなって

下りちょっと登山道らしく170907


DSCN9977.jpg


しし岩170907

昼食はバスの中でお弁当(ツアーでお弁当が、、面倒でなくありがたい)
ここで、レインウエアーのパンツを着用
今日のメインイベント(?)、藪漕ぎの道に入る

藪漕ぎの道170907

しかし、右手そうそう距離なくどうもゴルフ場のような、、
物好きにもわざわざ、、が、、、結構これが面白い

やぶこぎのみちー2170907

腰ちょい下辺りまでの笹の中を進む
しっかり下を見て、前を見て

藪の道を抜けて
視界が広がって
サニーレタスの畑や白菜の畑、ズッキーニの畑も

サニーレタスの畑

大きなパラボラアンテナ

パラボラアンテナ170907

JR最高地点

JR最高地点170907

線路の向こう側170907

ここからバスでかえります
今日の中央高速はよどむことなく、

親子草?170907

沢山の花に出会いました

柚香菊?170907

170907-1出会った花ツリフネソウ

黄色のツリフネソウ170907

薄紫のマツムシソウ 今盛り可愛かった

マツムシソウ170907

もう秋だね
萩?170907

ザーザー降りでもなく   樹林帯だったので   こんなもんでしょ位の雨
もう少し山頂で視界が有れば、、、ちょっと残念
疲れるほどの行程でも、登山した感もないほどだったが
色々な花に出会えた(写真の無い物多数)
八ヶ岳周辺の花なんて言うのを見て照らし合わせてみよう
藪漕ぎ、、笹の中をかき分けて、、レインウエアーのパンツもスパッツもビショビショ
JR最高地点、、多分ずーーっと昔、通り過ぎているはずだが
其の頃は、最高地点だのなんだのってブームにもなっていなかったような、、、

本格的登山行けるんじゃね??↑(語尾を上げて)って感覚を得られたような
あざっす!!って感じ。
今日のカロリー消費行動
多分6km強



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

北アルプス 西穂山荘~西穂高岳独標

2017.08.28.16:00

26日
~~松本から平湯温泉方面に向かう道
ここの所2往復してるよ!!
乗鞍極小車ヒルクライム見届けのつもりで、、
乗鞍登山(途中からそれたが、、)
平湯温泉まではおなじみに
平湯温泉合からは通った事が無くどんな道かワクワク

感覚的に、観光地ロープウエーに到達する道としては、、
雰囲気は山に合間ですからとても素敵なんですが
途中に幾つか温泉場も有って
新穂高ロープウエー口に
山がど~~んて迫って居て、、デカイ!!
傘ヶ岳方面

新穂高ロープウエー口から170826

ロープウエー山頂から笠岳170826

第2ロープウエーからは、槍ヶ岳も見えて、、写真なし、頭の中に
お天気が良くて眺めがよく大きな山々が出迎えてくれています

ロープウエーを降りて、歩きはじめ
明日に登っていく山方面

明日登っていく山方面170827

樹林帯をちょっと下って、登って、、
小さな花々も、、苔も、、
1時間15分ほどで、西穂山荘に到着
さほど長くもなく、きつくないはずの登山道だが、汗、汗、、
夏休み最後の土曜日とあってか人が一杯
テントも一杯

西穂山荘170827

空気もさわやか、景色も大きい、、

キャンプ場には色とりどりの170827

食事時間に外を見ると、、何とも素晴らしい夕日に映えた空
水色と、夕日のオレンジが何層にもなって、、
写真なし、脳裏に焼き付いています

27日

5時の朝食を終えて
出発前に
朝日を受けて焼岳

朝日を受けて焼岳170828

先日登った 乗鞍岳

乗鞍岳170827

ゆっくりと登山道を登り始めて、、
今日は白山?白馬?(富山県の)方面まで見えて、、どっちだっけ、、地図で確認しないと、、
雲海の上に右の方
めったにないそうです

白馬方面170827

此れから登っていく道、、、どんなになってるのかな~~

今から登っていく道170827

西穂丸山

西穂 丸山

先ほど見えた白い道筋、、
こんな石が敷き詰められた道でした、、

石に敷き詰められた道170827

此れから登っていく山なのだが、、一番右のちょっと台形状になった所

右が今日いく西穂高独標170827

石が敷き詰められた道が終わると、、岩場になる
どうも自分としては、、登りは延々と続く登りの持久走のような所より
岩場の方が性に合っているようだ
下りはソワソワする感があるような無い様な~~

岩場を登る170827

西穂高に続く道が見える
我々は此処で引き返すのだが、、
路が出来ている事は出来ているが、、
ここを行くの~~と言うような下りの道(覗かなければ見えない)が、、
下って登っていく人たちが見える
行ってみたい!!
これほどのお天気なら個人的には進めない事は無いけれど、、と思っちゃった!!
進んでいってみたい!!、

西穂高に続く嶺170827

とりあえず今日は此処まで

西穂高独標2701m170827

富士山も見えた!!

富士山170827

さらに進みたいな~~170827

注意しながら岩場を下って
左手に、上高地、写真では、グリーンで一体となって分からないけれど、、
大正池が見えて
左手に、大きな笠ヶ岳
正面に焼岳


上高地方面大正池170827

振り返って、降りてきた道

振り返って歩いてきた道170827

山荘近くなって色々な花と出会って、
山荘で休憩、ロープウエーまで下り
キノコも、花も、、
写真はツルリンドウ

ツルリンドウ170827

距離的にはさほどではない行程だったが、
面白い岩場と、最高なお天気と、、
充分楽しんで帰って来た
平湯温泉でさっぱり
お風呂から眺めた山は傘ヶ岳
先日、宿からとほぼ同じ方面を見ているが霧の中だった。

最後に嬉しくないおまけが、、、
中央道の35kmと言う渋滞、、何だか足がイライラ
バスの中を歩き回りたいほどに、、
サービスエリアでの伸びでちょっとごまかして、、


大きな山々の中で、嫌なことは思い出さず、、不思議だね~~
無理とは思うが、、縦走とか、、、気分いいだろうな~~

出来る範囲で楽しんでいきましょう!!
そこそこの体力に感謝!!!

何と、、、、今日の朝 筋肉痛になってるよ!!
せめてスクワット位再開しなければ、、、どうも続かない、、


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


theme : 山登り
genre : 趣味・実用

畳平~乗鞍剣が峰~畳平

2017.08.07.21:24

畳平までの道エコーラインで
気をもまされるお天気
雨が降ったりやんだり

多くのローディささんがが一生懸命に登っていく姿に出会う
(引っ張ってる人もいたし、なんだかちょっとほっとしたりして、)

畳平から少しの間雨に降られ
畳平で一応レインウエアーを着こむ
乗鞍岳方面に進む途中
鶴ヶ池、、水の溜まり具合で、、鳩みたいだけれど、、

turugaike 170805


ゲートが見えた
先日の畳平は霧と雨と風で何も見えず、、
結局「見届け」も出来ず、道も何処にあるのか分からない状態だったが
ここを登って来たんだ~~

ge-to170805

まだ登山道と言うほどの道ではなく、きょろきょろ花を眺めながら、、

イワギキョウ
iwagikyou 170805

コマクサ
komakusa170805

コマクサってこういう風に群生しているのね、、

komakusagunnsei 170805

畳平のお花畑が見える
あの中に咲いている花をはほとんど道の両脇で見る事が出来るとの事
(クロユリはお花畑にあるらしいが)

畳平お花畑170805

不消ヶ池
雪が水の下で溶けずにあって、その場所が何とも言えない美しいブルーに見える

不消ヶ池170805

右は東大宇宙線研究所に続く道
進むのは左の方の道

宇宙線血球所への道170805

雪渓で夏スキーを楽しんでいる人たちが見える
勿論ここにはリフトなど設置されてはいなくて
登っては滑って、登っては滑ってを繰り返している、、

夏スキー170805

肩の小屋 雨も止んで、ここで身軽に、、レインウエヤーを脱ぐ
此処から本格的登山道に入る

肩の小屋170805

登り始めて、、、宇宙線研究所を、かなり大きな施設のようだ
(まあ~~当然と言えば当然だけれど、、、)

宇宙線研究所を170805

権現池が見えて来た
剣が峰への道も見えてきて、、あと少し、、

権現池170805

頂上小屋、登りは左の方に進んで、下りは右の方の道から降りて来る

頂上小屋170805

頂上 3026m

剣が峰頂上神社170805

先日はどうなっているのか皆目わからなかった、畳平の全体

畳平の全体を170805

登って来た山
登りの時には霧で見えなかった

nobottekitayama 170805


肩の小屋までの道で出会った花々

ヨツバシオガマ170805

権現平付近の花170805

ごんげんだいらふきんのはなー2170805

権現平付近の花ー3

畳平に降りてくると、、ローディさんたち
自転車をかじった物として、、一寸羨望の目で、賞賛の目で、、
当然、小径車なんて見かけませんでしたし、、極小径車 何おかいわんや!!


権現平ローディー170805

バスに乗り込んだとたんに、、あめ
下っているうちに雨も止んで、、

2日間、
お天気の神様が微笑んでくださったような、、
ありがとうございました
登っていく途中で寄った道の駅に
美味しそうな、、スイカ  等など
我慢して、、(登山への体調管理として、)
帰りにも立ち寄り、当然、スイカもアイスクリームも食べました

畳平(2700m) 乗鞍岳(3026m)
さほどのきつさもなく3000m級の山に登る事が出来るとは、、
沢山の登山者が列をなしている感じ、、
多少空気薄いと感じたのは私だけだろうか????



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

高尾山、周辺登山 と ビアガーデン

2017.07.02.21:12

スレイプニルさんのお仲間が高尾山のビアガーデンに、、と言う事で
お誘いいただいて
天気予報では32度とか、、
熱中症になった経験からどうだろうと、、、非常に懸念していたが、、
格好は二の次、ひたすら熱中症にならない様に皆さんについていく
コースとしては
2号路
吊り橋好きだから、願ってもないコース

吊り橋170702

懸念していた湿度、温度とも天気予報よりはしのぎやすい温度で歩く事が出来た

例のごとく山頂は人の賑わい
富士山が見え、墨絵のような陰影で山々が美しい

高尾山山頂から170702

山頂を離れて先に進んで、、巻いた道でビアガーデンまで行きましょうと言う事に
もう一か所見晴らしの良い所まで下って登って

城山に行く途中の見晴らしの良い処170702

戻って
巻き道で先に進む
薬王院 天狗
薬王院天狗170702

30分ほど待ってようやくビアガーデンに
一人ではあんなに待ってまでして入らないだろうが
山の話
自転車の話で
いらいらもせず

楽しい一日有難うございました
一ヶ月のブランク
なんとか歩く事が出来ました
ありがとうございました


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ヤビツ峠~大山~大山北尾根~地獄沢橋(70号線)

2017.05.22.20:38

大山から
何度か通っている裏ヤビツの道に出る北尾根
いつか歩いてみたいと思って居た
そして先日「気まぐれ喫茶」BBQ参加の途中で

地獄沢橋の何処に出てくるかを一応確認したつもりでいたのだが、、

ヤビツ峠から大山に向けて
今日は新しい靴
朝バス停に向かう時点で、道に吸い付くような感触
昨日履いて居た靴とは底の感じが違う

ヤビツ峠170522

ミツバツツジがちらほらと

ミツバツツジ170522ヤビツ~大山

多少霞んでいるような、、、お天気は良いのだが、、
うっすらと富士山も見えてはいるが、、

塔の岳方面170522

大山山頂の裏に回って、この道を進む
直ぐにシカ柵が有って脚立が柵をまたいでいるので
これを使って越えて登山道を行く

この道を行く大山山頂から170522

北尾根の紹介でよく出てくるモノレール

有ったモノレール170522

低い位置にちょろっと出ている葉っぱ
年を取った木が次世代にためにとのクローン的な物なのだそうだ

いわゆる本体のクローン的な芽170522

大きなブナの木があちらこちらに
美しい

ブナの木170522

モノレールー1-170522

モノレールー2ー170522


岩の剥きだしたところを注意深く

岩の大い道を進む=1-170522

岩の道ー2-17-522

痩せた尾根も有って


北尾根登山道-1-170522

鉄塔には記号が無かったが
後で地図と照らし合わせて、多分16号鉄塔

鉄塔多分16号170522

余りに幻想的な光と柔らかな木々と、、

幻想的な道170522

後半ひたすら下って林道が見えて来た
なかなか見えている林道に出会わない
(見えていた林道は多分地獄沢橋の所にゲートが設置されているピストン林道)

結局出て来たのは、、ここ
峠に向かって地獄沢橋の手前
こんな看板今ままで気が付いた事が無かったな~~

地獄沢橋の近くにこの看板が、、170522

地獄沢橋170522

北尾根は色路地図にないルートがある様だ(尾根筋がはっきりしていないような所も結構あって)

距離は短いが
とても素敵な大山北尾根ルートでした
ヤビツから大山に向けての気温と
涼しいとわかる北尾根の空気 いわゆる裏ヤビツの空気
山の中に入っている感覚
またの機会が有ったらぜひ歩いてみたい
それにぴったりの歩き心地の靴に満足
昨日は今日の事もあるので控えていたが昨日も履いて歩けばよかったと
満足の一日でした


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

シャクナゲ一杯天城山

2017.05.21.22:32

21日
天城山 万次郎(1300m) 万三郎(1405m) シャクナゲコース
登山❓?と思って居たがやっぱり登山の感じの行程だった

天城山縦走路掲示板

終わってみれば縦走路を歩いてみたいと思うような登山だった

四辻 帰り此処に戻って jpg

ゴルフ場傍の登山口までは
オレンジ色の山つつじ(バス移動中に)

登山コースに入るとミツバツツジがちらほらと

三つ葉つつじ170521

三つ葉つつじ170521-2

思いがけずのおおらかな大きなシャクナゲを楽しんだ
もっと低い木を想像していたが
いっぱいのシャクナゲは何年もの年月を経て大きく育ったものだった
まさに伊豆の暖かな気候のシャクナゲであるような

シャクナゲー1-170521

シャクナゲー2-170521

シャクナゲ4-170521

シャクナゲ3-170521

天ぷらにして食べる事が出来るそうだ

天ぷらにして食せるそうだよ170521

白いシャクナゲも、、

白いシャクナゲ170521

登山道170521-1

帰りのバスの中から170521


帰りには、、、、
押しかけ2次会に真鶴から平塚まで
最大のイベントだったかな??
どうもでした

今日のカロリー消費行動
歩公約8km~10km(ツアーパンフレットには8kmと気されていたがもっと多かった)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

尊仏山荘~丹沢山~蛭ヶ岳~姫路~青根

2017.05.12.11:23


5月10日
9日の夜中から強い雨と風
天気予報通りだから、、それなりに用意はしていたが、、昼頃にはやむと言う事らしいが、、、
朝早く 雨は降っているが風邪もさほどなく、雨脚も強くはない
雨具を付けて歩き出す
ひたすらしばらくは下り
登って来るところにもマメザクラが沢山咲いていた(色合いとか、、何種類か有るのかな?)
まだつぼみを付けている木もあって、、
とても可愛らしい桜だ、下向きに咲いているんだな~~

マメザクラ170510-1

丹沢山について、、、

丹沢山170510

下ったり、少しの岩場も有って

バイケイソウが一杯
はびこっているぅ~~と思って居たが
どうも、10年ほど?まえに山の崩壊を防ぐ手段として根を張らせるために植えたらしい
毒性が有ってシカが食べないから
と言う事を聞いたら、はびこってるなんて言葉ではなくなってしまう
確かに葉っぱは大きく柔らかそうだし、植わっている方が見た目もいい感じではあったのだが、、
畑状態になっている処もたくさんあった(もっと下の方に)

バイケイソウ170510

霧雨が、、小枝の芽吹き始めた葉っぱに
花が付いているように、、
私の写真では表現できないが

木に着いたしずく170510

蛭が岳
昨年は、ど~~んと富士山が見えたが今回は何にも見えない

蛭が岳170510

マメザクラ、覗くように映してみたけれど、、

マメザクラ170510-2

登山道で、、蛙ちゃん隠れているつもり?

頭隠しての蛙ちゃん170510

姫次

姫次~袖平山へ170510

延々とモノレールの線が
これに沿って登山道がしばらく下って
しかしうまい具合に設置されている(勾配が半端じゃない所も)

モノレール170510

途中でモノレールをくぐって、お別れ
何処まで続いているのか、、、定かでない
離れて見える事は無かった
林道をしばらく歩いて、バスに乗り、

下山170510

前日のマメザクラ
今回の縦走は、期せずしてマメザクラの歓迎を受けたみたいに
あちらこちら、登山道の両脇にも、、という具合
咲いて居なければわからなかったね、、
,
マメザクラ170510-3

一日目が雨でなくって良かった
2日目の雨も、さほどでなく、やんだかな~と思ったら降って、、の繰り返し
下山時にはすっかり晴れて
後の風呂でさっぱり、大変楽しい登山でした

今日のカロリー消費行動
多分 約12~3km(案内に書いてあった)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ヤビツ峠下~二の塔~三の塔~塔の岳 尊仏山荘

2017.05.10.22:55

ヤビツ峠を少し下った菩提方面に行く道の横から登り始める
DSCN9183.jpg

色々なすみれが一杯色々な所に咲いている

DSCN9184.jpg

サクラソウも
DSCN9195.jpg

渋沢方面❓だと思う

DSCN9199.jpg

この可愛い花もいたるところに
ちょっとピンクの筋が入っているような

DSCN9202.jpg

鎖場を注意して降りたり
あの道を歩いていくのか~~

DSCN9196.jpg

塔の岳に到着
水場が来た道の反対側に往復30分ほどであるというので行ってみようとしたが
一人ではちょっと、、で断念

DSCN9204.jpg

この辺での水場って、、一寸行ってみたかったな
ユーシン方面、、かなり時間が掛かるとか
今は閉じられているユーシンロッジがあってこそ歩ける工程だとか
何だか前にユーシンに行った時聞いたような気がする、、、

DSCN9207.jpg

尊仏山荘泊
夜景を
真ん中の山は大山
大山北尾根って緩やかなんだな~~
尾根道がわかりずらいと、、と言う事らしい

DSCN9210.jpg

明日は、丹沢山~蛭が岳~姫次~青根 ちょっと中帳場です
今日のカロリー消費行動
約8km弱(ロガーを忘れた)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

夢いっぱい少しずつね

Author:夢いっぱい少しずつね
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
時計
おかげさまで
ブロとも一覧

サイクリングどうでしょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR