西丹沢自然教室~ツツジ新道~檜洞丸

2017.11.17.14:00


16日
西丹沢自然教室からゴーラ沢出会~ツツジ新道を登り、檜洞丸
往路下山

西丹沢自然教室の周りのモミジ
お天気も良く登山には最高とこの時点では、、、

西丹沢自然教室171116

ゴーラ沢出会い付近の木々
以前来た時よりも水量は少なく難なく渡渉一か所

西丹沢黄葉171116

ゴーラ沢出会い171116

ツツジ新道を登る、
前回は(道志側)神の川ヒュッテ~犬越の分岐から此処に降りて来た
此処から本格的な登山道らしく

ツツジ新道のぼり171116

富士山が少し見えてます

富士山少し見えてます171116

もう少しで山頂
だんだん雲が広がって来て青空は見えなくなってきた

もう少しで頂上171116

檜洞丸山頂

檜洞丸頂上171116

もう少しで頂上と言うあたりから「あられ」らしきものが、、

曇って来て、、171116

「あられ」がザックの上に
寒く手の先が冷たく、、
上着に関しては詰め込んではいたが、、
冬用の手袋はちょっと見当たらなく薄い手袋だけ(整理下手)

あられが降って来た171116

下山で歩き始め少し立てば手も暖かくなってきて、、やれやれ
途中雲の隙間から幻想的に
丹沢湖、光の筋が  写真ではあまりよく映っていないが、、
頭の中に映像が入ってます

雲の隙間から光171116

登山道を修復してくださっている方々
登山道を修復していただいているおかげで安全に登山を楽しむことが可能なんです
ありがとうございます

登山道を修復してくださってます171116

丹沢の崩壊場所は多く
通行不能となっている登山道も多いとか

丹沢の沢の崩壊171116

ゴーラ沢で会いに
4時15分頃
此処からまだ自然教室に続く舗装された林道までは結構距離が有ります

4時14分暗くなりかけて171116

途中からヘッドランプ点灯
視力の弱い私にとってはかなりの神経を使って
最後の谷合を歩き
舗装林道に出て、
自然教室に着いた
日曜日の自転車も良し、今日の山歩きも良しの紅葉を楽しむ事が出来た
かなりきつく感じるかと懸念もしたが、
歩行速度がゆっくりだったためか、さほどの事も無く登山が出来たことに満足
今の健康に感謝です


今日のカロリー消費行動
家から家まで 21873歩
登山で歩いた距離 約12km強(ロガー)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

渡良瀬渓谷鐵道 に沿って 紅葉満喫

2017.11.14.21:29

桐生駅集合
渡良瀬渓谷鐵道トロッコ列車の予約券は
50人1ヶ月前からの受付とか、、この時期あったりまえにいっぱいでした
が、、桐生から間藤駅までの行程で
初めは進行方向右側座席
途中で左側座席に移ったりして外の景色を楽しんで
トロッコ列車ではこんなこと無理だったと思う
結果此れで良いのだ

列車の中から
DSCN0378.jpg

黄葉に目を奪われながら、、
DSCN0380.jpg

終点 間藤駅に着き
自転車を組み立てて、、、(ぐずぐずしているのでスレイプニルさん手を出してくれちゃって、、)
ありがとうございました!!

DSCN0381.jpg

間藤駅から直ぐ下るのかな?と思って居たが 、、
方向は反対方に少しづつ登っていく 
ここは紅葉を、楽しむと言う行程ではなく

これが実は、、、私にとっては かなりのインパクトを
すでに、閉山(鉱毒、大きな社会的問題を含み)となった、足尾銅山精錬所跡とか、、、
(昨日の渡良瀬遊水地に繋がるのだが、、)
電車から見えた、大きなドラム缶のような沈殿池?

私的な見解としては、渡良瀬渓谷鐵道を楽しむのであれば、、
この辺にもぜひ立ち寄りを、、と思う
この工程を入れていただいたまだお若いスレイプニルさんに、ありがとう

DSCN0385.jpg

DSCN0387.jpg

銅親水公園 付近から見る山々が、、
この時期の為か、、
何だか荒涼としているとさえ感じるほど

銅親水公園吊り橋
大きな堰堤の前に
akanesinnsuikouennturibasi 171112


DSCN0388.jpg


DSCN0389.jpg

DSCN0390.jpg

右手の方面の山はもう少し木々が生きているように感じて、、
その向こうは中禅寺湖  

DSCN0392.jpg


DSCN0395.jpg

銅親水公園への道で最後の部分は自転車を置いて歩いたのだが、、
左手の山に階段がジュラルミンで出来ているかのように光っている
登り口は柵がしてある
かなり急な階段になっていて、、てっぺんまで続いている
登り口としては3~4か所頂上に向かってかなり急に伸びている
何のための階段なのだろう 登山道のような感じではない

銅親水公園から間藤までの道で

階段が組まれている171112


この場所からスレイプニルさんはトロッコ列車を写したかったようだが
鈍足な私の走りで時間がずれ込んだようで
すんません、、ペコリ

此処からトロッコ列車を写したかったらしい171112

そうこうしているうちに、、草木ダムに沿っての小刻みなアップダウンのある道で


草木ダム171112

ダムを眺められる東屋

ダム展望場所171112

不動滝

不動滝171112


ダムの下にある道から171112


ダムの下のゆうふぉ同に通じる吊り橋から171112

ダムの下にある道を通って、吊り橋を渡って
趣ある遊歩道に出る
ここはパンクを嫌って自転車をひっぱる
琴平トンネル

琴平トンネル171112

遊歩道が終わった所で、神戸駅
此処で昼食
食事後「激坂が良いですか?揺れる吊り橋が良いですか??」
そりゃ~~吊り橋でしょう

此処で昼食 車両のレストラン171112

吊り橋171112

吊り橋を渡って
スレイプニルさんとしては絶対外せないであろう
ウサギと亀

ウサギと亀 171112

なんだかわけわからない狭い山道のような所を自転車を引っ張って登り、、
この道が多分ママチャリだったら迷わず進んでいるだろう道、
私の趣味よくわかってらっしゃる。
うどんやラーメンなどの自販機が有る所に出て、、
そこにあった図

うどんなどの自動販売機が設置してある所で171112

だんだんひがかたむきはじめてきて、、
先を急ぎます
とりあえず、高津戸峡 のさわりだけ

高津戸峡さわり171112

渡良瀬渓谷鉄道沿いから離れて上毛鉄道赤城駅まで
此処から自転車そのままで中央前橋
またちょっと走って前橋の駅で輪行袋に自転車を収納
スレイプニルさんが難なくペダルを外してくださって、、
確かに出っ張りが無く持ちやすかった
一寸のどを潤し
長いはずの電車も話が弾み短く感じて
帰って来た

紅葉を楽しむという目的は充分満足
郷愁を誘う、時代を感じる色々な思いを詰め込んでの銅山
かつてのそのままに近いまだ残っていた家屋、、

思っていた以上の小刻みにあるアップダウン
充分に走った感、立ち寄った場所もいっぱい
写真もいっぱい、頭の中にも光景が一杯
渡良瀬渓谷鐵道周辺を十分に楽しませてもらいました 
寒くもなく暑くもなくそして昨日のような激風もなく
お天気の女神さまも味方してくださいました。

楽しかったというにはちょっと薄っぺらい表現になってしまうが、、

誘ってくださってありがとうございました
スレイプニルさんのブログ 
ぽっくりぽっくり駆ける

今日のカロリー消費行動
ロード 約56km位



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 自転車
genre : 趣味・実用

古河~渡良瀬遊水地~渡良瀬川サイクリングロード~桐生

2017.11.13.21:48

スレイプニルさんの
渡良瀬渓谷ポタに参加の前日
古河から桐生へ渡良瀬川サイクリングロードを走って桐生まで行ってと計画

古河駅171111

地図を眺めて、渡良瀬遊水地まで行って半周ぐらいしてサイクリングロードに入ろうと

渡良瀬川に着いた171111

予定の真ん中を区切る道に出ようとするも
右折しては工事中の行き止まりとか

写真のような行き止まりとか、、
ここはこの土手を自転車引っ張って、抱えて、小屋の上の土手までのぼって道に戻る

行き止まり、上まで抱えて171111

現在地を確認して、予定の場所に出た
迷うことなく予定の場所に行けるとばかり思って居たがちょこっとすったもんだで

渡良瀬遊水地説明図171111

自転車は入る事が出来る

此処から入る、真ん中の道の所171111

一周するには約18km位なので、、半分にしようかとも思ったが
途中で左折、、4分の一 位かな

広大な湿地渡良瀬遊水地ー1-171111

渡良瀬遊水地171111-2

この見晴台の真ん中あたりにある看板の所まで水位が上がる事が有ると書かれていた
ちょっと想像がつかない

見晴台171111

茅?ヨシ? 
広大な湿地

茅?171111渡良瀬遊水地

真ん中の道まで戻らずともサイクリングロードに行く道につながるはずと思って
適当な所で右折して
ここに出た

ここに出てきて渡良瀬川サイクリングロードに向かう

ひろーーい草原を右手にサイクリングロードに向かう

広い茅の草原171111

あの橋の所ら辺から渡良瀬川サイクリングロードに入るはず

やっと渡良瀬川細工輪ロードに171111

サイクリングロードに入って、、
あとは道なりに進めばいいだけと思いきや、、
何だかいくつかの橋を行ったり来たりするみたいと言う事で
印刷しておいた地図を確認しながら
現在地をたまに見て

振り返って新幹線の下を通って171111

半端じゃない向かい風

向かい風の中171111

一寸道の向きによっては斜め前からの風

ひたすらサイクリングロードを171111

風を受けて目から涙がボロボロ
耳で受ける風の音も半端じゃーない
ネックウオーマーで耳を隠す
冷たさの無い、さほど乾いていない風ではあったので
乾いた空っ風とは違う感じ

渡良瀬川サイクリングロードー1

渡良瀬川サイクリングロード-2

遠くの山々が見える

遠くの山々サイクリングロードから171111

風を遮る場所が無く、此処で小休止、
桐生側から走って来る自転車乗り、、快適そうに走り去っていく
そりゃーーそうだよ、、此の風まさに、追い風

此処で小休止171111

暫く進むと工事中とかでサイクリングロードを離れざるを得なくなって、、

サイクリングロードから離れる171111

何だかオブジェいっぱい

オブジェいっぱい171111

ちょっとウロウロはしたがサイクリングロードに戻る頃が出来て、、
工事中ならサイクリングロードに出る道を示してくれてもいいのに、、
何にもなくって、、私の様に初めての人は、、などとぶつぶつ言いながら


サイクリングロードに戻る171111

もともと遅くは有るが、、10kmを切ってしまうほど風に向かって漕いで
誰も走ってい無いサイクリングロード、、
修行か??
独り言で、、此れは筋トレだ!!

この橋を渡って、、
此処からサイクリングロードに戻る道の手前で右折(道間違い)

線路を2回わたって、、

桐生市に入って此処から間違えて細工輪どーどから離れる

桐生駅近くまでたどり着き(方向は間違えようがないので)
サイクリングロード起終点、「錦桜橋」の所まで走って
最終的には此処に出てくるはずだったのだから

渡良瀬川サイクリングロード起終点、錦桜橋

桐生駅構内を確認して
結局、ペダル外す事が出来ずに
この持ち方に自転車収納、、
置き方、バンドの渡し方が違うだけでまとめ方は同じ

持ちやすい様にバンドをかけて自転車収納171111

初めての道ってワクワクちょっとドキドキ
サイクリングロードでは道に迷くことなどないと舐めてたな、、反省
でも~~結構楽しんで走ったよ!!

明日の渡良瀬渓谷ポタに続く

今日のカロリー消費行動
ロード 56km位 風に逆らって走って、予定より大幅に時間がかかった
           渡良瀬遊水地もう少しと思いつつ離れたのは正解だった

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

ロードのペダルが外れない

2017.11.09.19:34

霞ケ浦をまわった時にロードを輪行袋に入れるにあたって
スレイプニルさんからのアドバイスを受けていた
肩紐を変える
ペダルを外す
そうすればもう少し自転車が輪行袋に収まりやすくなって
輪行袋を持ちやすくなるのではないかと

確かにペダルがじゃまして車輪のおさまりが悪いと思ってはいたのだ
(ネットで輪行袋に自転車を収納する方法なんていうのを見ていて)

もう少し早くすればよいのにギリギリじゃないと行動に移れなくって、、
ロードのペダルをじっと見ていて
今MTBについているペダルと変えた方が脱着しやすいのではないだろうか??と
実際色々やってみたらロードにしてもMTBにしても形状は違うが
脱着方法は同じ、、だったら変える必要はない

所が、、、
MTBの六角は合うのが有るが、、、

DSCN0317.jpg

ピストのペダルは道を走るには論外
外れないで、あのバーさんすっころんで怪我??
なんてことになるのもみっともないし

DSCN0321.jpg

初め思って居たのと違ってペダルはクランク側で脱着するのね
自転車を買った時からそれぞれペダルは変えてはいるが、、
「引っ掛ける」のを付けるために(なんていう名前だか???)
とんと記憶がない

DSCN0322.jpg

ロードに合う六角が無い
「5」と「6」の間  そんなのあるのか???

六角色色171109

で、スパナレンチで外そうとしたけれど、、
力不足 自転車を足でしっかり挟んですればできないことはないかも
然し重い大きなレンチを持ち歩くには、、、輪行では少しでも小さく軽いのがいいのに、、、


ロードのペダル171109

と言うので今回はペダルを外すというのはあきらめた

輪行袋に収納して、もう少しうまく肩に担げるように工夫することを考えよう
明日にでも挑戦

今日のカロリー消費行動
合わせて、約5000歩 位かな

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


theme : 自転車
genre : 趣味・実用

ミカンを買いに、教室帰りの遠回り、ざる菊の見頃始まりました

2017.11.01.18:35

大幅に時間がずれ込んで教室終わり
坂をいくつもの遠回りはちょっと、、夕方になってしまうかな??
と言う事で、親木橋近くの「みかんセンター」にミカンを買いに行こう、、

早生の地元ミカンと、柿 
柿は伊勢原のあそこのが美味しいんだけれど、、とおもいつつ
つい好きなので買ってしまう

帰り、、
そうだもう「ざる菊」咲いているかも、、
と言うので寄ってみた(二宮の個人のお宅で毎年開放して鑑賞させてくださいます)

柔らかなクリーム色に咲いていた
此れから、白に変わり、そして、、紫っぽく変わる品種のざる菊
約直径1m位

二宮ざる菊171101-1


ざる菊171101-2

まだつぼみが沢山
今の状態を過ぎると白くなっちゃう
白もいいけれど、、此のクリーム色  
柔らかな素晴らしい色合い、今の状態のお色目はあまり見かける事が無い

二宮ざる菊拡大171101

大磯相模原線の途中でもきれいに咲いていた
これらは多分色はそのまま

大磯相模原線途中171101

今日のカロリー消費行動
ママチャリ 約40km(坂一つだけ)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村


theme : 自転車
genre : 趣味・実用

地図読み両神山一寸だけ、

2017.10.29.23:30

集合場所
西武秩父駅
一応、ここで地図とコンパスとの扱い方の確認
雨の中なので、頂上までは行くことをここで断念
まずは行ける所までと言う事で
白井差登山口まで車
此処までに来る途中に滝のようになっている処が数か所

白井差登山口171029

この道を少し進むと、小さな橋が有ってそこから登山道に

白井差登山口-1-171029

此処も滝の様になってます

途中で滝のように171029

水量の多い沢が美しく、水の音も激しい

水量が多く沢が美しい171029

緩い登りの山道を進むと、滝が見えてきて
昇竜の滝

昇竜の滝171029


山の様子ー1ー171029

台風が来ているらしいが、さほど雨は降っていない

山の様子ー2

沢を何度もわたります
登山道は整備されていて
橋が組まれていてそこを渡ります

美しい 何と雰囲気の良い空間だろう

美しい沢 イワナが見えたり171029

徐々に雨脚が強くなってきて
この辺で少し迷いながら、、
急登の始まる前で、、(水晶坂ちょこっと進んで)
引き返すことに

この辺から急登が始まる171029

硬い岩盤も美しい

硬い岩肌171029

往路の途中まで
山中さんがお出迎えしてくださって
この登山道は山中さんの私有地、大きな広い庭です
所々にロープが掛かって置いて有ったり
雨の中車を待つ間色々説明をしてくださった所によると
ペットボトル、傘まで所々に置いて有るそうな
帰り道道に
沢の中で泳ぐイワナを教えてくださったり
山に石と鉄の何かとで火打ちをして

沢の様子171029

モミジとか、、三つ葉葵 とか
わざわざ手折ったり、つまんで教えていただいたり

モミジ 三つ葉葵171029

登山をしたというほど歩いてはいないが、、
山の雰囲気を十分に楽しんだ数時間でした

雨宿り 
山中さんどうもありがとうございました
是非 ぜひ 晴れた日に両神山登山の出来る日に巡り合えることを願いつつ
戻って来た


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

小屋平~石丸峠~牛の寝通り~モロクボ平~小菅の湯

2017.10.15.14:57

13日
家を出る時には雨
天気予報も雨
せっかくだから行って、、集合場所まで行ってそこで考えようと

駅に着くと、、小雨
宿まで歩きましょう

DSCN0202.jpg

駒飼宿
名残りが有るかと言えばない事も無い、、

DSCN0205.jpg

宿に荷物を置いて、、暗くなる間の少しの時間付近散策
此処を進めば、、笹子峠

DSCN0210.jpg

芭蕉の句

DSCN0208.jpg

次の日にはここを下って(近道だった)
駅に向かう

DSCN0204.jpg

14日
集合場所へ
雨が少し降っているかいないかと言う位
とりあえずレインウエアーは上着だけ
スパッツを付けて、ザックカバーを付けて
小屋平(1580m)まで車で、
すでに高度が有る所なので、紅葉が始まっている
此処から歩き始める

此処から歩きだす171014

初め少し登って、、

黄葉が始まってます171014

分岐点石丸峠方面に171014

落ち葉を踏んで

落ち葉を踏んで171014

笹の道を進んで

牛の寝通り方面に171014

何だかおしゃれな山の道
歩きやすい急登も無ければ急降もない尾根道を
ひたすら進みます
お天気が良ければ絶景と言う所でも何も見えず
ただ雨が降っていないのが救い
幻想的な山道を楽しむ

何と無くおしゃれな山道を171014

分岐松姫峠へ171014

此処で昼食
霧が晴れて、、山の姿が現れたり、、

此処で昼食171014

直ぐに霧で姿が隠れてしまったり
雁ヶ腹摺り山だと言う事だが、、
どの雁ヶ腹なんだろうか??
雁ヶ腹摺り山と名が付く山は3つだとか、、

雁ヶ腹摺り山方面171014

ユル~~イ下りの道を

時折霧が晴れて171014

林?森?の中を

木も休まるような林の中171014

気持ちの良い林が続く171014

桂の葉が沢山落ちていて、、メープルシロップみたいな香り

桂の葉甘い香りがする171014

大きなキノコ約直径30cm位
開く前の形は、、女性のおっぱいのような、、とか、、恥ずかしそうにガイドさん
お若い方のね??お年を召しておられる方のは、、
なんて野暮な事は言い返しませんでしたが
他にも色々なキノコに出会って

大きなキノコ17101430cm位171014

この橋を渡って

橋を通ってもうすぐ小菅の湯171014

ちょっと進んで「小菅の湯」到着
お風呂に入っている時間は有りません
4時半のバスに乗って1時間少しで上野原まで

今日のカロリー消費行動
約16km(ロガーで)歩き



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

教室の帰り遠回りで中井メガソーラー

2017.10.11.20:30

何と無くグーグルマップを見ていて
あのソーラーの処やけに広いな~~と
昨日お天気が良かったら行ってみようと、丹沢方面がきれいに見えるし、、

が、、朝教室に向かう途中丹沢方面を見るも何も見えない
真上の空は曇っているという感じでもないのだが、、
山方面は何も見えないのだ

でも遠回りして帰ろうと
二宮に出て、、秦野二宮線新道
五分の一 の所を左折
(どうしようかな??なんて思いながら走っていたのに曲がっちゃった)

登り切った所で左折
メガソーラーの所までちょっとした坂をゆっくり走って、、
反対側に東屋のような休憩所と
お手洗いもあります

お天気がよければ丹沢方面が良く見えるのですが

SGET中井メガソーラー171011

megaso-ra-annnaizu 171011


何だか周りをグルーーっと回れる?、、感じ??
細いけれど、、砂利道だけれど、、歩けばいいからと思ってちょこっと走ったり、引っ張ったり
階段が有ったり(抱えて一段一段乗っけて進んで)

メガソーラーの外側をぐるっと回る道171011

広ーーい( 19.2haだって広いよ、、)

メガソーラー171011広い

ここは、、まあまあ~~進みやすい

メガソーラーの周りの道171011

なんだか、、道かな??って感じの所に

此処から少し外れて171011


こんな所を進んで171011

周りを一周と思って進んできたから、、
「飯綱社」の方向へ 「飯綱社」ってあそこかな~~と思いながら
位置的に、、

とりあえず周りをぐるっとと言うので171011

あ、、やっぱり
でも~~もしかして、、
戻って、、ちょっとした階段を下りていく方が楽かな、、とは思ったが

「お社」にごあいさつして


あーーやっぱりお社の所へ171011

自転車を抱え一歩一歩下る
時間が掛かっても注意深く
前輪を横にしないと乗っからないほどのいちだんいちだんのはば
木の根っこや木の止めで車輪が止まり、ブレーキを左手でしっかり握って
右手で自転車を一段一段持ち上げて一段下の段に


ゲ、、自転車抱えて注意深く171011

此処を降りて来た
汗だく、、よくこんな所を、、、笑うしかないね、、

此処を降りて来た171011

もう、もう一度少し登って、藤沢川方面に抜ける気はせず
秦野二宮線旧道に戻って

厳島湿生公園によって、、
ゴルフ場の坂を上って帰って来た

厳島湿生公園171011

こんなバカな事を出来る健康に感謝
プチ探検したみたいで、、結構面白かったよ!!変に疲れたけれど、、


今日のカロリー消費行動
ママチャリ 約36km位


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

丹沢湖ほぼ一週(世附川橋~玄倉川橋~中川橋)

2017.10.09.21:15

丹沢湖、、世附(よずく)方面に行ってみよう、、
椿丸に登った時いつか自転車で来ようと思って居たのだ
まずは今日の富士山

今日の富士山171009

77を松田まで、ゴルフ場の坂クリアー

77最高地点への途中 紅葉の早い木

77途中の木171009

246をなるべく避けて
山北の旧道 大野山登山口少し過ぎた所からまた旧道

丹沢湖171009

ゆっくり上って、、トンネルまでのきつい坂もクリアー
(かなり気分いい)
でも~~宮が瀬へ向かう土山峠の道とさして変わらないかも

三保ボダムの上を通って、左折
落合隧道を通って、、世附方面へ

落合隧道171009

はじめて自転車で丹沢湖に来た時に、、このトンネルを抜けて、、工事中だったような記憶が有って
世附方面の道は、、何年か前崩壊して通行止めになっていたような、、

いつかこっちにと思って居たが、椿丸登山でこの道を通って
来てみようと思って居た

世附方面へ171009

此処の先に行って椿丸登山口に向かった
今日は此処まで
目的はあっち側の道を走る事

世附方面通行止め171009

戻って世附川橋を渡る

世ずくかわ橋通って右側道が途切れている

川を渡ってすぐ右に進む道は通行止め
直ぐの所に滝が(といっていいかな?)
下の川に沿っての道も途切れている

世附川橋上から171009

さっき通ってきた道が見える

通ってきた道171009

暫く進むと、、右側への道は通行止め
が、、一寸行ってみようと、、多分ダム上の道の所に出るはずと

通行禁止横をすり抜けて171009

林道世附線となっていた

林道世附線171009

三保ダム方面林道171009

時間が有ったので、、
玄倉方面に行って、、その先の、、中川橋まで行って
グル~~っと一周して帰ろうと

r丹沢湖周遊道の図171009

玄倉橋を渡って
ユーシン方面

ユーシンほうめん171009

橋の上からちょっとユーシンブルーな色になっているかわ

玄倉橋からちょっとユーシンブルー

山越路に行く時通った道が見える

 中川温泉方面への道が見える171009

中川橋を渡らずこのトンネルを抜けっちょっと進んでみる

一般車両通行禁止が行ってみる171009

トンネルを抜けて、、少し進むと、、
この道を行っても橋が無いみたいだし、、
この道では、、、今日はロードだし
此処で折り返して
中川橋を渡って

トンネルを抜けて、、ここで折り返す191009

あっちの山は、、

あっちの山は??171009

後はひたすら下りだ
結構早くここまで
不老山登山口の吊り橋
不老山に登った時にどうして道を間違えたのか確かめたくって
この橋を渡って少し進む

不老山登山口への吊り橋171009

確かに道しるべが有る

不老山登山道しるべ171009

不老山登山口道しるべ171009

こんな図見かけなかったな,,、、いや~~此処までは来ている

先に進むも自転車引っ張っては無理だし、、
帰りが遅くなるのも、、

不老山登山繰り道しるべのず171009

横の道が登山道171009

小屋の横を通って山に登っていくようになっている

結局よくわからずまま戻って来た(私の記憶も当てにならん)

最初の時点で直進した記憶があるが、、その道が分からない
パソコンを初期設定に戻した時に
 iーgatU ログの記録も飛んじゃって確認のしようがなくなってしまった
帰ってきて確認し直して地図上では納得したはずだが、、、、
結果多分朽ちた小屋の辺を進んで、、(山道)
その先で多分、、、
自転車を置いてでも先に進んでみればよかったなんて少し悔いを残した

以前、立ち寄ったジェラード屋さんの横の道を直進
たしかすこし砂利道だったような~~と思いながら
あの時、、(霞ケ浦)砂利道結構進んだんだからこの位大丈夫だろうと
 
酒匂川左岸171009

そのまま進んで、、
鉄橋の下を通ったり
途中で駐車場の所から自転車を抱えて土手を登って
ちゃんとした道に戻る

酒匂川左岸鉄橋の下を抜けたり、、171009

松田から255にとおもったが
何だか車の量も少ない2車線の道で途中左折して
で72にでて
国府津に出て、帰って来た

世附方面の湖岸をグルーーっと
山越路 に行った時に途中で
向こうの方に道が見える、、と思ってた所の道を走ってグルーーッと

ほぼ丹沢湖一週
満足で帰って来た
大磯相模原線で以前いちじくを買っていた所で(何年か前からいちじくは売られなくなって、藤沢川沿いの所を見つけて )
柿を購入、、
いちじくは木がだめになって、、3年位先にはできるとおっしゃっていたが、、
そこまで自転車走らせていたいものだ


今日のカロリー消費行動
ロード 約110km

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村





theme : 自転車
genre : 趣味・実用

男坂~大山下社~大山山頂~見晴台~女坂

2017.09.24.18:00

明神~明星登山へ行こうかとも思っていたが、、
と思いツアーを探したら12月になってしまうが見つかって
それでは今日は、、近場で大山に
大山方面を見ると頂上付近には雲
雨は降らないだろうと、、
大山ケーブル駅までバス

ケーブル駅への道で170924

男坂で登り始めます
少し登り始めて、、汗だらだら、、結構湿度が有る様で、、

女坂男坂分岐170924

さほど時間もかからず下社まで
(登りはまだいいけれど、、ここを下るとなると、、確実にひざに、、)

大山神社下社170924-2

大山神社下社170924-1

普通のルートで階段をのぼり始めて、、
ゆっくりゆっくりと
汗がつたって、、登る速度で疲れ方がかなり違う
両脇に咲いていた柔らかな葉で小さな白い花

今日沢山して居た花170924

家を出る時にはヤビツ方面に下って、
蓑毛までは登山道でと思って居たが、、霧で視界は悪い
どっちに降りるか、、山頂に行ってから考えよう

ヤビツ方面への分岐170924

電波塔の裏手に回る道を進む
もう赤い実を付けているマムシグサ
これを見た時には余りの毒々しさに気持ち悪く感じたが
花の時期も見て、、
さほど感じなくなったよ

蝮草170924

人込みを避けて電波塔の裏手で食糧補給
こっちはさほど人込みでもなく

山頂電波塔霧が流れてきて170924

一応山頂に
結構な人、人、人、、

見晴らし台の方へ170924

ヤビツ方面に降りても、見晴台方面に行っても距離はそうそう違わないし、、
日向薬師方面に降りるとしても、、バスの便が、、悪かったな~~
と言う事で
下社に降りて女坂で帰る事に

不動尻方面への分岐170924

終わりに近い黄色の花、、何なんだろう近くには行けなかった
 
途中で出会った花170924

見晴台今日は下社に向かう170924

見晴らし台からは非常に整備された道で
途中で小さなシカに出会って、、(柵の向こう)

滝170924

下社の下をまわって女坂で下ります

下りは女坂170924

大山寺
御開帳の日とかで、、迷ったが
靴を脱ぐのが面倒で、、お参りして、覗いて 降りて来た

大山寺御開帳ん日だそうです170924

さほど待つ事も無く、、伊勢原へのバスに
歩き方が悪かったか下りで膝周辺部分に違和感

山歩きもう少し鍛錬!!
申し込んでいた登山ツアー 催行中止が多くって
大山登山近場だし少し通おうかな、、

今日のカロリー消費行動
約10km  (バス降りてからバスに乗るまで)
歩数計 19634歩(家から家)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

夢いっぱい少しずつね

Author:夢いっぱい少しずつね
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
時計
おかげさまで
ブロとも一覧

サイクリングどうでしょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR