FC2ブログ

破線もない南尾根ルートで土俵岳~トヤド浅間~下川乗越

2019.12.06.21:43

土俵岳
一般的には三頭山やまき寄山の通過点としての山だが
破線にも出ていない南尾値を登るツアーに参加
上野原駅集合

上野原駅191206


高度も高くはないし、距離もさほどないが、、、
棡原(ゆずりはら)小学校(廃校)新山王橋バス停から歩き始める
かつての昔道
最初はこんなところを歩いて

最初はこんな道191206

登山道、、(かつての山越道)
に入ると
落ち葉を踏みしめながら

朽ちそうな鳥居

朽ちそうな、、191206

ほとんど人が通った痕跡なし

余り踏まれていない道191206

DSCN6352.jpg

落ち葉の中を進む191206
倒木も多く
登山道を外れて登ることも

倒木も多いい191206

土俵岳 山頂
山に登り始めて間もない頃
高尾山から雲取山までの行程通過点としてこの尾根道は歩いているが

土俵岳頂上191206

日本山岳耐久レースの尾根道191206

木々の間から富士山が見えていたが
写真ではわからないか

樹の間から富士山見えていたが191206

浅間峠
此処は記憶あり

お社の前の木浅間峠191206

浅間峠から(4辻になっている)トヤド浅間方面に

道なき道を登ってという感じで
写真の道には進まずに

この道ではなく道なき道を登る191206

急登ではあるが
階段でもなく岩でもなく柔らかな落ち葉と土
斜面にあてた脚はアキレス腱思い切り伸ばして位

トヤド浅間

トヤド浅間 
下山
かなりの急降下
注意して注意して下る 半端じゃーーない

山々のコントラストが美しい191206

下川乗越
此処に降りて来た

此処に降りて来た下川橋191206

武蔵五日市から電車
乗り降りお初の駅です

武蔵五日市駅191206

距離はさほど長くはなかったが
破線にも出ていない道を登って行ったり
トヤド浅間 からの急降下道 
石ころがあるわけでもなく
落ち葉と柔らかな土
これが結構面白い
雨で無い日でよかった
明日も同じ工程のツアーが企画されていたが
雨の予報で急遽中止になったとの事

お天気に味方された日和に感謝です
山歩き楽しかったです



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

comment

Secret

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

夢いっぱい少しずつね

Author:夢いっぱい少しずつね
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
時計
おかげさまで
ブロとも一覧

サイクリングどうでしょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR