丹沢県民の森~後沢乗越~鍋割山~後沢乗越~栗の木洞~くぬぎ山~寄

2017.03.11.22:05

渋沢の駅から山の方を見ると、、、
ひょっとして霧雨??
なんだか気が抜けていたのか、「ザックカバー」を入れてきていないし、
(ザックに付属しているものは有るが)
「、軽アイゼン」も、、、必要のない事を願って、、

県民の森ゲート付近から歩き始める

県民の森ゲート170311
山の方~~~~何だか晴れているみたい

青空見えてきた170311

河原を歩いたり、
川を横切たり(ちゃんと橋が有ります)

四十八瀬川上流170311

後沢乗越付近170311

丹沢の山々170311

前回は、同じ道を登って降りるコースでなく、小丸尾根から鍋割り山荘に
(今回は後沢乗越から登って、降りてのコース)

鍋割り山荘 

今日は土曜日と言う事でなのか?沢山の登山者が鍋焼きうどんを食べている
暖かい鍋焼きうどんは寒い山頂で美味しく感じた

ほんの少し雪???という位に
気温 2℃

鍋割山荘170311


鍋割山山頂から170311


前方のぽっこっと見えている山に登り返す

見えている山まで登り返す(栗ノ木洞)170311
こっち方面は登山者とすれ違う事も無く、、

栗ノ木洞山頂

くぬぎ山
あまりお天気がはっきりしていないが視界が良く見渡す事が出来る

相模湾 曽我丘 水無川 等々

大きな松の木が有った
此処までの行程でも松の木が

松の木17

曾我丘陵方面170311

何度も自転車で通っている三廻部林道を横切って

此処からまた少し登ってくだって「寄」方面に

三廻部林道170311

楽しい登山が出来ました
明るい内に帰宅
感謝 感謝

(他人事だけれど、、、明日のお天気、、あまり寒くないといいな~~)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

寄~宮地山~ジダンゴ山~寄

2017.02.18.21:20

寄大橋から秦野峠に向かう林道と
林道虫沢線の間にあるジダンゴ山
登山というよりハイキングコースかも知れないが
両林道の間にある山と言う事で自分的には満足
前回は宮地山方面にはいかずにジダンゴ山だけだったので

もう一度寄大橋から秦野峠~林道虫沢線を走ってみたくなった
もう少し暖かくなってからがいいのだけれど、、、熊さん大丈夫かな、
MTB乗ってないな~~
少し調子を見て見なくっては、、、

宮地山へ170218

宮地山170218

去年はまだ舗装されていなかった(ちょっと先で舗装は途切れていたが)
チェーンソーの音が聞こえていた

林道170218

ジダンゴ山170218

下りはひたすら下り
ストックを出して、
晴天ではないが、、(富士山見えず)丹沢の山々
うっすらと江の島もみえて
かなり早く帰宅
そこそこの健康に感謝!!その他にも、、



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村




theme : 山登り
genre : 趣味・実用

長瀞アルプス 宝登山 ハイキング

2017.02.04.20:37

秩父方面に行ってみたいな~~って思ってた
長瀞アルプス??長瀞って結構メジャーー

なんとかアルプスってすぐ名前付けちゃうのかしら

登り始めて、、結構な人

長瀞アルプス登り口170204

緩やかな歩きやすい道
歩きやすい稜線長瀞170204

石灰石の採石場が見える
秩父だ!!セメントだ!!
もうずーーっと昔の中学の頃の地理
セメント!!秩父!!と

石灰石採掘場秩父170204

宝登山山頂から
甘い蝋梅の香り
そして、、、機会を作って行ってみたい「両神山」が見えて
それにしても頂上の人の多かった事、、

「寄」の蝋梅の方が蝋梅だけを言うのなら多いかな?
今年まだだから、、行ってみよう

両神山170204


蝋梅170204

梅は咲いている木もあったが(種類によっては)まだでした

宝登山山頂蝋梅園170204

ロープウエーは使わずに歩いて下山
林道を歩いたりショートカットの登山道を歩いたり
いずれにしてもさほど勾配は無く短時間で神社まで

ロープウエー駅の所170204

宝登山下山途中170204


下りの道で見えた山々の美しかった事
今までにない感じの山のコントラスト


宝登山神社170204

寒さ対策をこれでもか!!というほどしたのだが、、
風もなく、雲一つない晴天
必要のない物を多数リックに詰めてしまったが、、
まだまだこの辺がつかめていない
今日のお天気のおかげ
ちょっと物足りなさを感じたが楽しい登山(?)ハイキング(?)違いがよくわからないけれど、、、

秩父鉄道に乗ってグルーーッて回ってみようかな、、
今日はエネルギー消費よりはるかに多く食べてしまった
今日の最高なお天気に、暖かさに、どうもどうもでした

今日のカロリー消費行動
家から家まで
19850歩



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

権現山~弘法山~浅間山~蓑毛分岐~大山神社下社~ケーブルバス停

2017.01.15.21:46

秦野駅から権現山に歩き始める
昨日、今日、寒波と、、
寒いがお天気は良く風もない
登っていく条件としては悪くない
権現山から富士山方面  

権現山から富士170115

弘法山から高取山に向かって左方向へ
念仏山から少し下って、木の根っこの登り路
高取山で昼食
このころには太陽が雲の中
さむ~~い
手が冷たくって、、
早々に歩き始めて、、
浅間山林道を横切って
林道落ち葉で、、荒れてるな~~
ロードだと、、気を付けて走らないと、、、
MTBの人と出会ったが、、
林道ではなく今登ってきた道方面に下って行った
面白そう、、、、

浅間山林道170115

電波塔までの道でMTBの人と、、急な道を引っ張てその先を、、乗って進んで行っちゃった、
前回ここを通った時、、MTBで走れるな~~と思って居た
さわりだけでも走ってみようと思いつつ1年過ぎちゃった

林道から電波塔へ向かい道170115

電波塔が5基(基って言うのかな???)
どれが何処のだかいまいちはっきりしてないのだけれど、、、

電波塔170115

蓑毛の分岐で、、
道がしっかりしているか迷って、、
トレイの人が2~3人走って来たので、、大丈夫だろうと、、
もし雪が有るようだったら蓑毛に下る道と言う事だったが

蓑毛分岐への道170115

蓑毛分岐から下社への道170115

下社の所にはまだ雪が残っていた

下社からの眺め170115

眺めが非常によく
江の島はくっきり
横浜方面 そして東京湾まで、、

今日は大山寺経由女坂で、ケーブルバス停まで

下社から分岐への道でもMTBを引っ張って進んでいく人と出会った
どうやってあんな道進むんだろう、、、

MTBってすご~~い

寒くは有ったがお天気に恵まれトレーニングとして充実した行程でした
しっかり道も頭に入りました
ありがとうさんでした

今日のカロリー消費行動
秦野駅から大山ケーブルバス停 約15km強
家から家まで  27374歩
夕方 富士山がくっきりシルエット 雲が飛び去っていた


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

男坂~下社~大山山頂~見晴台~日向薬師バス停

2017.01.05.20:55


素晴らしいお天気
大山に行こう
一寸出遅れたが、急いで支度をして此れが結構時間が掛かる。何を着ようかとか、一応雨具を入れてとか、やっぱりちゃんとした登山用具もとか、、、

新しく買った登山靴のならしを兼ねて、、、
伊勢原に着くとすぐに大山ロープウエー行が有った
ラッキーー
ロープウエーには乗らずに
男坂(この時点では、帰りは女坂でと思って居た)

DSCN8574.jpg

下社で昨年一年元気で過ごせたことに感謝を込めてお参り
登山口から登ります

DSCN8578.jpg

大山寺に続く林道が見えた

DSCN8575.jpg

お天気が良く江の島も見えた

DSCN8579.jpg

富士山ビューポイント

富士山ポイント170105

下りはヤビツ方面に行ってもいいなと思いながら分岐点で道を見てみると
多少雪が残っているのが見えて
日の当たらない道は何と無く凍っていそうだし、、、
ヤビツ方面はやめようと、、

ヤビツへの分岐点170105
大山山頂奥の院
ちょっと休んで おにぎりなどなど

大山山頂奥の院170105

日陰には雪が残っている
日陰に残る雪170105

1時ちょっと過ぎ、、日向薬師方面に降りようかな~~

日向薬師方面への登山道170105

見晴らし台までそこそこの階段とか、、
登ってきた道より歩きやすくやっぱり下りはこっちだな~~

見晴台時点で2時
日向薬師方面に行こうと
こっちの道は初めて
結構始めのうちは歩きやすい道が続くのだが、、、

歩きやすい道が続く170105

途中からジグザグに
膝をかばって、2本のストックにして
たった2人の登山者しか出会わず
なんとなく不安
まだ日の落ちるのは早いしーーなどと思いながら一寸急いで
膝をかばって下りはストックを使って

林道が見えた
薬師林道?だったっけ 
大山の旧道に続く林道
何度か自転車で走ってるから、、、見えた時にはもうなんとかなるじゃん、、と

大山の旧道に出る林道170105

林道を横切って
またジグザグ登山道

林道を横切る170105

林道を下りながら
自転車だったらさーーって行くのになぁ~~
日向薬師のバス停まではまだ結構あるんだよね
だからこっちから登って来る人も降りる人も少ないんだろうな~~

クアハウスへの道170105

浄発願寺170105

バス停までの歩数 家から2万歩強
約5時間
帰りのバスも(3時45分発)
さほど待つことなく乗る事が出来てラッキー
途中までぎりぎりに乗ってきた下山者と私の2人
それにこのバス途中まで乗降自由
バス停じゃーーなく乗ってきた人いました

お天気に恵まれ楽しい登山でした

明るい内に帰宅


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

沼津アルプス

2016.12.14.20:49

13日
裾野から沼津方面にいくつかぽこぽこって見える山??丘??
沼津アルプスと言うらしい、、と知ってから
行ってみたいと思いつつ何年かが過ぎていた
今回その機会に巡り合う事が出来た
低山だが 海抜0m から始まるのだから、、
小刻みにちょこっと上って、、下って、、登って、、

短い中にも
岩場みたいな所も有ったり
結構な急登だったりで、、
中々、面白い行程だった

この辺近くから登り始める
途中まで舗装されている

この近くから登り始め161213

ウバメガシの群生

ウバメガシ群生161213

地元山岳会の方々が整備して登り易くしてくださった岩

地元山岳会の方の整備に感謝 161213

鷲頭山161213

さほどお天気はよくなく、、で富士山は隠れていたが
駿河湾 伊豆半島 田子の浦に続く千本松方面は見えた

小鷲頭山161213

161213駿河湾

徳倉山からちょっと戻って下山

徳倉山161213

ほんの少し雨になったが、
さほどでもなく
楽しく歩く事が出来ました
何だか、子供の頃の冒険のような、、
はしゃいで楽しんでという感じに余裕も持てて
お天気の良い時にまた来たいな~~という山でした
約7km弱(沼津アルプスの一部)
沼津アルプス全行程を歩いてみたいな~~


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村





theme : 山登り
genre : 趣味・実用

笹子峠~笹子雁ヶ腹摺山~米沢山~お坊山~大鹿峠~景徳院

2016.12.12.19:05

12月10日
笹子峠
大月のシンボルマークの隧道
この右手から登り始める

笹子峠161210

直ぐ急登になって
ちょっと進んでまた急登
って感じでさほど距離を登っても歩いてもいないのだけれど、、かなり速度は遅い
笹子雁ヶ腹摺り山
なんとか、、雁ヶ腹摺り山 っていう名の山が後2つあるとか

笹子雁ヶ腹摺山161210

眺めは晴天に恵まれ非常に良い
八ヶ岳連峰
北岳方面
右手の方には富士山

南アルプスだとおもう161210

富士山161210反射板のある所から

反射板が有ったが、、
光っている様子もなく(反射させて、、というにはなんだか汚れているし、、)
何のための反射板なんだろうか??

反射板161210何のため?

米沢山を越えてお坊山、大鹿峠方面に進む
この辺で結構急な登りが有ったり、下りが有ったり
小刻みに在って結構足に来る感じになってきた

DSCN8503.jpg

DSCN8504.jpg

以前は大鹿峠此処から下っていく道が有ったのだそうだが
崩れてしまったために
もう少し鉄塔が有る所まで登って
そこから景徳院までひたすら下り

DSCN8506.jpg

枯葉で階段も埋まっていたり、蹴散らしたり探ったりしながら滑らないように進む

枯葉の積もっている道を下る161210

景徳院
丁度ここでバスが有ったので
甲斐大和駅までバスに乗る
前日の大菩薩登山でここに降りて来た時には
電車に余裕が無かったので、此の銅像を見る事無くホームに向かったが
今回は、バスに乗る事が出来たので時間に余裕が出来て
駅周辺をちょこっと散策

景徳院

甲斐大和駅161210

小刻みな上り下りで結構訓練になりました
次の日には筋肉痛今日もまだ筋肉痛
明日また山に行くのだが、、明日には軽減するかな~~~
久々の筋肉痛だ(行程10km位だったのだけれど)
このコースは「すみれ」の季節にはいっぱいのすみれに出会う事が出来るコースらしい
でも木々に葉が茂っていると
富士山さんも アルプス方面も所々からしか眺められないコースになるみたいだ、

楽しい登山でした
ベテランの方々が多く非常に参考になる事が沢山ありました
ありがとうございました

膝に負担軽減を図って体重落とさなければ、、(muzukasi---na~~)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

土山峠~辺室山~物見峠~煤ケ谷

2016.11.22.20:11

土山峠から辺室山登山口を登り始める
去年は10月で景色が違う
黄色いモミジや、、、木の葉の敷き詰められた道進む
明らかに昨年より登山道の記憶が有って
気分的に楽な行程となる

木の葉の道161122-1

辺室山へ161122

辺室山山頂161122

辺室山より標高の高い峠まで、、
今日は昨日のお天気から一転
青空、そして木々が葉を落として、先月歩いた、高取山~仏果山が良く見る

高取山~仏果山方面161122

此処から煤ケ谷まで下っていく

大山三峰山分岐点161122

山全体で、落ち葉の香り??昨日から今朝までの雨で木の葉が湿っていて
気持ちをリラックスさせてくれるような香りを吸い込みながら、、

ひたすら落ち葉の香り161122

所々に紅葉したモミジが
全体的には黄色~茶系

黄色が綺麗な木々161122

短い行程だったが
秋の香りと色と。。
お天気に恵まれ楽しい一日を過ごす事が出来ました

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

名栗湖~棒の折山

2016.11.13.14:12


12日
名栗湖(有馬ダム)登山口から棒の折山へ
昨日のお天気、寒さ、一変
お天気も良く、暖かい
登山中はジャケットを羽織ることなく過ごす事が出来た
低山ながらなかなか楽しいコースで

有馬ダム名栗湖

暫く上って沢筋の道
短い距離だが、ゴルジュを少し楽しんで
この辺が一番面白かったかな??
何だか本格的沢登りしてみたくなったよ
沢登りって日本独特らしい
台湾に少しあるとかとも、、、
チーーっとばっかり年が行き過ぎてしまったな、、

白谷沢棒の折山への道161112

ゴルジュ色々滝161112

此処から棒の折山頂上に、そしてここに戻って来て登りとは違う道へ

岩茸石棒の折山161112

反対側は木で見えなかったけれど、、
こっち側の展望は、山の上に来たよーーって感じですな~~

棒の折山頂上161112

後はひたすら下り
結構木の根っことかで、、思ったより急勾配を下って

棒の折山下り161112

さわらびの湯の所に
寒桜??が何本も咲いていました

寒桜?161112

登りの行程は色々バラエティーに富んで楽しめました

それなりの健康に感謝です


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

早戸大滝

2016.11.02.19:30

11月1日
朝起きて、、、雨
ウウウ、、天気予報では雨じゃーーない
兎も角行ってみてからの事だ、、、
橋本駅集合
此処で沢靴を履いて(履くのがけっこうたいへん、蛭がいるような所では、、と思って)
そこから、、
宮ケ瀬湖の裏の?(裏じゃーーないって言われそう)鳥屋方面に
トンネルを抜けてーー(この辺は自転車で何度も来てるしーー)
早戸川林道にーー
ひたすら早戸川に沿って林道を進む
魚止橋を過ぎて、、、本間橋まで
此処から身支度をしなおして歩き始める(雨具を着て、沢靴、スパッツ、ザックカバー)
まだ雨は弱まったが降っている
ラッキーーと言うか
(と言ってしまうにはちょっと気の毒な事だったのだが、、
登山ガイドの方が足の不具合でピンチヒッターを頼んだため
車でここまで同行、滝に行って帰ってくるまでここで待つと言う事にしてくださって
登山に不必要な荷物を彼の車に置いていける事となった
荷物は多い
登山靴に、着替え一式、その他
原因ハッキリして早く元に戻りますよう。下見までしてくださっていたのに、、)

ワクワクです
ちょっと不安も、、川を渡るって、、、、大丈夫かな~~
期待の方が大きい
さーー行きますよーー

堰堤本間橋161101

林道は歩きやすく景色をきょろきょろする余裕もあります

伝道までの林道から161101

此処から登山口
ガードレール方面ではなく右の方から登っていきます
ガードレールの方に進むと行き止まりらしい

早戸大滝への登山口161101

一寸だけロープの助けを借りての下りが有ったり、、
ブログでお目にかかる傾いた造林小屋
すでに雨はほぼ、やんでいたので、此処で雨具を脱いで
乾いているのでザックを置いても蛭が取り付く事は無いだろうと言う事で、、

造林小屋161101

早戸川の河原
何度も川を渡ります
早戸川大滝で検索すると,川に渡された橋が出ていたが、
全くお目にかからなかった
渡りやすい場所を見つけて
ピンクのテープでマーキングしながら(帰りには回収して)
崩れている橋は古く、かけなおされた新しい橋も、、、崩れそう~~

不安定な足場、早戸川河原161101-1

早戸川河原2

ひたすら河原を
右岸~左岸~右岸~
最初の渡渉ではさほど濡れずに、、、
ふくらはぎ辺まで浸かっちゃって、、じゃぶじゃぶ

所が何度か目の時に、足を取られて、、、手をついて、。お尻が濡れた
今日のように寒かったら、、どうなっていたんだろう
途中「雷平」で昼食にしたが、ここでお腹など冷えるのを避けるために
ビニールで手ぬぐいを包み濡れた衣服と肌の間に挟んで、、

早戸川河原3

早戸川河原4

ひたすら進みやすいルートを選んで
とちゅ岩にへばりついてロープを伝って、、というような所も有って
結構緊張しながら(おもしろーーい。いいね~~~内心ワクワク)

早戸川河原ー5

早戸川河原ー6

早戸川河原ー7

早戸川河原ー8

二股に分かれている処を左に進んで、、、ロープでちょっと登って、、、

おおーー
見えてきた
あれが早戸大滝なんだーー
ぜんぶはみえてないけどーー
ちょっと進むと
見えて来たーー

早戸大滝161101-1

少し進んで
最初の滝壺の隅の方をじゃぶじゃぶ進んで、、
その上に登る

早戸大滝-2

もう少し上部に進めるルートがあるようだが
はっきりせず
断念!!
ここまでこれたことで十分だよ!!

早戸大滝ー3

下の写真は
登山口ちょっと手前にあった滝(?)
縦の写真でまとめた方が楽なんで、、、

伝道登山登り口付近の滝

滝を堪能して
空は青空まで見えて来て、、、
気分的に余裕も
川を渡るのももう濡れているのだから、、で、、かなり大胆に
登山ガイドさんの膝上までの流れだったら
途中で撤退するつもりだったとか
かろうじて膝下で、、

早戸大滝復路ー1

早戸大下記復路ー2

キノコちょこちょこ生えていたし
ほんの少し花も、、もしかいたら結構マイナーーな花だったかなって言うようなのも、、

早戸大滝復路ー3

気になっていた 山ヒル 大丈夫でした
ガイドサンはちょっと取りつかれて払って終わり

冷えたお尻も温泉で温めて、、風邪をひくような事も無く帰ってきた

いやーー
楽しかった
満足、大満足

参加者4人 登山ガイドさん1人 ガイドさん一人待機(責任感つよーーい好青年の方です)
ありがとうございました
何年も前から
早戸大滝 早戸大滝 行ってみたい でもーー絶対一人ではいけないしーーと思って居た
「早戸大滝ツアーを企画出して見ます」という言葉に期待して、、
出たーー!!
催行決定をひたすら待って
決定
沢靴、ヘルメット、沢用の靴下 ニヤニヤしながら買いました
一寸だけ沢の渡り方を学んだような
沢靴って、、こういうのなんだーーって納得して
靴、靴下の性能に感心して(沢専用のズボン(スパッツ?)ジャージもあるとか、、)
もう一度
大満足の登山でした
面白かった
全身運動したような、、腕力も結構使いましたよ
感謝、感謝!!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

夢いっぱい少しずつね

Author:夢いっぱい少しずつね
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
時計
おかげさまで
ブロとも一覧

サイクリングどうでしょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR